目元に小ジワが発生!その原因と効果的な対策とは

目元にできるシワに悩まされる方も多いことでしょう。年齢を感じさせる目元のシワを予防するためにも、気になった時点で早めに対策することが大切です。しかし乾燥による目元の小ジワは、目の下やまぶたなど、部位によって対策と注意点が異なります。

そこ今回は、パーツ別に乾燥による目元の小ジワ対策をご紹介すると共に、マッサージ方法やスキンケア方法、そしてその必要性をご紹介します。

【乾燥による目元の小ジワ】原因と注意点

乾燥により目元にシワができる原因は、主に次の3つの要素だと考えられています。

・乾燥
・肌への刺激
・目の疲労

目元は皮脂が少なく皮膚が薄いため、水分を保つ力が他の部位よりも弱い部分だといえます。そのため、乾燥肌を引き起こしやすい部位だといえるでしょう。

また、肌が薄い目元に強い刺激を与えると角質層にある細胞が傷つくことから、シワをよりできやすくしてしまいます。さらに疲労が蓄積するとまばたきや目の動きによってまぶたに負担がかかるため、これもまた、シワの原因となる可能性があるのです。

目の下やまぶたなど、部位別の注意点

シワの原因を予防しようと思っても、すぐには難しいものですよね。そこで、毎日のお手入れにひと工夫加えることで、シワを効果的に予防しましょう。乾燥による小ジワは、パーツごとにケアの方法を変えるだけで、シワができにくいなめらかな肌を目指すことができますよ!

乾燥による目元の小ジワは、マッサージとスキンケアで対策!

目元のマッサージは、スキンケア化粧品の浸透を高める効果が期待できます。またリンパのスムーズな流れにも効果的なことから、ハリのある目元を目指せることでしょう。
ただし、マッサージをするときは肌をこすらないように、目元用のクリームを使って滑りを良くしておくのが大事なポイントですよ。

●マッサージの方法

1. 人差し指の腹で、目の下を目頭から目尻へむかって軽くたたく。
2. 人差し指と中指の腹でまぶたを外に向かって滑らせる。

アイケア化粧品で目元特化のスキンケアを

エイジングが進みやすくデリケートな目元は、専用の化粧品を使うことで、化粧品による肌への刺激を軽減することができます。

またアイケア化粧品を肌につける際には、眉上から頬骨下、こめかみあたりまでのゴーグルゾーンを目安に優しくケアすることがポイントです。

乾燥による目元の小ジワ対策に効果的なエイジング化粧品

目元専用のエイジング化粧品を選ぶ際のポイントは、「美肌効果以外にも保湿力が高い成分が配合されているか」を見極めることです。

ここでは、そんな目元のシワの悩みに困っている方におすすめな、2つのエイジング化粧品をご紹介します。どのようなアイテムを使ったらいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

エイジングサインを目立たなくする【MVPファーム】

マルチビタミンとシリコンを配合しているMVPファームは、集中的に目元や口元に表れやすいエイジングサインを目立たなくする効果が期待できるアイトリートメントです。日常生活でうけやすい肌へのダメージを軽減することから、デイリー使いにもおすすめといえるでしょう。

商品名
MVPファーム

このようなお悩みの方におすすめ
・年齢肌が気になる

大ヒット美容液バイオルミンC待望の目元用セラム【バイオルミンCアイセラム】

2020年2月1日発売予定のバイオルミンCアイセラムは、大ヒット美容液バイオルミンCから発展した目元用美容液。

頻繁に使われる目の周りの皮膚をしっかりケアしてくれる安定型ビタミンC複合体を配合していることから、目元にハリと潤いを補給するプレミアムなアイセラムだといえます。

商品名
バイオルミンCアイセラム

このようなお悩みの方におすすめ
・年齢肌が気になる
・目元の印象が暗く感じる

乾燥による目元の小ジワ対策の秘訣は、蓄積したダメージをケアすること

目元の小ジワは、日常生活の積み重ねが原因で発生します。ただし日々のお手入れを継続することで、シワの予防し、目立たなくする効果も期待できるのです。年齢に合わせた適切なスキンケアとマッサージをしてみてはいかがでしょうか。