【乾燥肌さん必見】美肌につながる正しい「クレンジング」の必要性

乾燥肌へのクレンジングは、摩擦を加えすぎると刺激になることがあります。そのため、正しいクレンジングの必要性と方法を知ることが大切です。今回は、タイプ別クレンジングの特徴と合わせて、正しいクレンジングのやり方を紹介します。

「ゴシゴシ洗い」に要注意!乾燥肌に優しいクレンジング方法とは

季節を問わず肌がカサついたり粉をふいてしまったりと、多くの方が悩んでいる肌トラブルが「乾燥肌」です。

日常的なスキンケアの中でも、メイクを落とすクレンジングというのは、比較的肌に負担がかかるケアだということをご存じでしょうか。さらに、そんなクレンジングの過程のなかで、乾燥肌を守ろうとして過剰な保湿を行ったり、汚れを落としすぎてしまったりと、間違ったクレンジング方法をしている方は、実際に多いのです。

乾燥肌へのクレンジングは、刺激に要注意

クレンジングの方法を誤って刺激を与えてしまうと、乾燥肌を引き起こしてしまう可能性があります。つまり、あなたのクレンジングケアが、知らず知らずのうちに肌へ刺激を与えている可能性もあるのです。

乾燥肌は、なぜ刺激に弱いの?

乾燥肌は健康な肌に比べ、バリア機能が低下していて皮脂が少ないのが特徴です。常に水分不足になっているため、少しの刺激にも過敏に反応してしまいます。それを押さえようと過剰な保湿を行うことで、さらに肌が乾燥するという悪循環が起こるのです。

ゴシゴシと肌を強くこすって刺激を与えるのは絶対NG

クレンジングをする際、ゴシゴシと摩擦を加えてしまうことはありませんか?

強い力でお肌をこすると皮膚表面の角質層がはがれてしまい、お肌のバリア機能が壊れてしまいます。その結果、角質層内にある水分を保持する役割を持つ細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)が弱まり、肌の水分が蒸発して保水ができず、乾燥肌を招く可能性が考えられます。

【乾燥肌さん必見】優しいクレンジングのポイント

肌のダメージを受けやすい乾燥肌の方は、次のような方法で優しいクレンジングを心がけましょう。

・肌をこすらずに、手でなでるように丁寧に洗う
・クレンジングは1分程度で終える
・クレンジング後は、ぬるま湯で優しく洗い流す
クレンジング材に含まれる合成界面活性剤は、メイクをするんと落とす効果はありますが、メイクの油分だけではなく、角質層にある保湿成分も落としてしまいます。長い間お肌に乗せておくと乾燥を招くので、クレンジングはさっと行うようにしましょう。

しかしながら、このように優しいクレンジングを実践していても、クレンジング剤がメイクに馴染みづらかったり、なかなか落ちなかったりと、短時間で終えるのはなかなか難しいものですよね。

だからこそ、しっかりとメイクをしていても、肌に刺激を与えず、優しく洗い流せるクレンジング剤が必要なのです。

【オイル・クリーム・ジェル】乾燥肌に合ったクレンジングの種類は?

クレンジングを行うことはとても重要ですが、使用するクレンジング化粧品が刺激になってしまっては本末転倒です。そこでクレンジングオイル・クリーム・ジェルの特徴をタイプ別に確認し、ご自身の肌に合ったクレンジング化粧品を選ぶようにしましょう。

タイプ1 クレンジングオイルとクレンジングバーム

クレンジング剤の中で、比較的洗浄力が高いといわれているのがクレンジングオイルやクレンジングバームです。しっかりメイクでもなじみが良く、短時間ですっきり落とせるため、長く使用している方も多いタイプと言えます。

とはいえ、しっかり洗浄力があると、乾燥肌には少し刺激が強いように思われがちです。しかし、乾燥肌のことを考えられて保湿成分配合で作られているクレンジングオイルやクレンジングバームもありますので、ご自身の肌タイプに合ったオイルを選んでくださいね。

タイプ2 クレンジングクリーム

クレンジングクリームは肌に負担が少なく、洗いあがりも優しいといわれているアイテムです。そのため、乾燥肌さんにもおすすめ!……と、言いたいところなのですが、実はクリームタイプにはデメリットもあります。

例えば、メイクにすっと馴染まないため、しっかり落とそうと思った場合、クレンジング剤を顔に乗せている時間が長くなりやすい傾向があるのです。また伸ばしやすいからといって、必要以上にお肌をこすらないように注意しましょう。

タイプ3 クレンジングジェル

クレンジングジェルは、オイルとクリームのちょうど中間といった使い心地のクレンジング剤です。べたつかずに洗浄できるので、どちらも苦手だったという方にはおすすめです。

またホットクレンジングも、ほとんどの商品がこのジェルタイプにあたります。ただし乾燥肌さんが使うと肌荒れにしみて熱くなりすぎたり、赤みを帯びてしまったりという可能性もあるため注意が必要です。そのため、毛穴が気になる場所に使うといったように、ポイント使いをおすすめします!

乾燥肌さんにおすすめ!肌に優しいクレンジング化粧品

乾燥肌さんにぜひ使っていただきたいクレンジング化粧品をご紹介します。

肌の温度でオイルに溶け出す有効成分【プレクレンズバーム】

プレクレンズバームは、乾燥肌に優しいのはもちろん、年齢肌やシミ、敏感肌に悩んでいる方にもおすすめのクレンジングバームです。

肌の温度でオイルに溶け出す保湿成分と美容成分が配合されているため、水分で保たれる肌のバリア機能を守りつつ、メイクや汚れを優しく洗浄してくれます。

また皮脂・日やけ止め・化粧の洗浄や汚染物質の除去効果も期待できるので、乾燥しやすい冬はもちろん、汗をかきやすい日差しの強いシーズンにもぴったり。季節問わずに活躍してくれることでしょう。

商品名
プレクレンズバーム

タイプ
クレンジングバーム

このようなお悩みの方におすすめ
・年齢肌
・乾燥肌
・シミ
・敏感肌

水溶性の植物オイルで肌を柔らかく保つ【プレクレンズ】

プレクレンズは、メイクや余分な脂質汚れを優しく取り除いでくれるクレンジングオイルです。必須脂肪酸(※)配合で、肌を健やかに調整します。さらに毛穴詰まりにも効果的で、脂質汚れを優しく取り除いてくれる効果が期待できます。そのため、毛穴汚れが気になる方にもおすすめです。

※[必須脂肪酸]とは:体内で他の脂肪酸から合成できないため、外部から摂取することで得られる美しく健康的な肌をつくる成分のこと

商品名
プレクレンズ

タイプ
クレンジングオイル

このようなお悩みの方におすすめ
・シミ
・脂性肌
・年齢肌
・混合肌

乾燥肌へのクレンジングは、「優しさ」がキーワード

乾燥肌へのクレンジングは、摩擦に注意が必要です。それぞれに洗浄力や乾燥肌への影響について見てきました。総合的に見て乾燥肌さんのクレンジングには、保湿力の高く、さらに肌への刺激が少ない「優しい」クレンジングオイルやクレンジングバームがおすすめだといえるでしょう。

敏感な乾燥肌に刺激を与えないよう、適切な方法と肌に優しいクレンジング化粧品で洗浄してくださいね!