フェイスパックでいつものスキンケアに美容効果をプラス!

多くの美容成分が含まれいることから、デイリーケアにもスペシャルケアにも活用できる「フェイスパック」。実は、商品によって効果がそれぞれ異なっているのをご存知でしょうか?そこで今回は、いつものスキンケアに美容効果をプラスできるフェイスパックの特性について、詳しくみていきましょう。

フェイスパックで期待できる効果とは?

フェイスパックは、美容液の代わりの役割を担う、人気のスキンケアアイテムです。だからといって、「口コミがいいから使ってみよう」、というのは、大きな間違いにつながってしまうことも…。

なぜならフェイスパックは、保湿・美白・ハリの向上など、パックの種類によってもたらす効果が異なるからです。そのため自分の使用目的に合ったフェイスパックを選んで使うことで、より高い効果が期待できるのではないでしょうか。

効果的なケアのために!やってはいけない、フェイスパックの間違った使い方

フェイスパックは、正しい使い方をしてこそ、高いスキンケア効果をもたらすとされています。そこで、『やってはいけない間違ったフェイスパックの使い方』を3つご紹介します。

スキンケアは、フェイスパックだけ

フェイスパックは、前述のとおり美容液と同様の役割を担っているアイテムです。そのため、スキンケアをフェイスパックだけで済ませてしまうと、逆に乾燥を招いてしまう可能性があります。

またフェイスパックは、洗顔でしっかり汚れを落とし、化粧水で肌のバランスを整えてから使うことが大事な基本といえます。
さらにフェイスパック後の肌には、乳液をつけることも忘れずに!こうすることで、フェイスパックによって、肌に浸透した美容成分にふたをする効果が期待できます。

肌荒れをしている時にフェイスパックを使う

肌が荒れているときにフェイスパックを使うと、パックに含まれている成分が傷口に入り、余計に肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため肌荒れが起こっているときは、優しい成分の化粧水や乳液を使いましょう。またフェイスパックの利用は、肌の状態が整ってきてから使用することをおすすめします。

フェイスパックを毎日長時間つける

せっかく美容成分たっぷりのパックをするなら、できるだけ長い時間付けたいという気持ちもありますよね。しかし、長い時間つけておくことで、フェイスパックが乾き、肌の水分を奪ってしまう恐れも考えられます。

また、スペシャルケア用のフェイスパックを毎日使ってしまうと、成分が過剰に浸透し、逆に肌荒れを招いてしまいかねません。そのためフェイスパックは、製品パッケージに書かれている使用時間、使用頻度を守って活用するよう心がけましょう。

より高い効果を目指した使い方の【フェイスパックの選び方】

ここからは、フェイスパックをより効果的に活用するための方法を解説します。正しく使っているのになかなか効果が出ない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

お風呂上りに行う

フェイスパックは、お風呂上がりのタイミングで使うことが効果的とされています。なぜなら、入浴により毛穴がしっかりと開き、肌も柔らかくなっていることから、美容成分が浸透しやすいと考えられるからです。

美容液後、さらにフェイスパック

フェイスパックには様々な種類が販売されていますが、なかには美容液のあとにフェイスパックをすることで、より高い効果が期待できるものもあります。

保湿力に効果的な「クリームタイプ」

フェイスパックには、次のような異なるタイプの製品があります。

・シートタイプ
・クリームタイプ
・ジェルタイプ

このなかでも、保湿力に優れているとされているのが「クリームタイプ」。とろっとしたテクスチャーが、配合されている有効成分を肌にうるおいを浸透させるサポートをしてくれることでしょう。

ダーマロジカが選ぶ!効果的なフェイスパック【MV パワー R マスク】

『MV パワー R マスク』は、肌をいたわる週1回から使える洗い流すタイプのマスクです。ビタミンA,C,E,B5とカラスムギ穀粒エキスが配合されており、肌のバリア機能をサポートしてくれます。肌にハリとツヤを与え、乾燥をやわらげる効果も期待できますよ!

【商品名】
MV パワー R マスク

【タイプ】
フェイスパック

【こんなお悩みにオススメ】
・年齢肌
・乾燥肌

フェイスパックを効果的に使おう!

フェイスパックは、正しい使い方をすることで、スキンケア効果の向上が期待できるアイテムです。何でもいいから使うのではなく、自分の悩みに合った効果のフェイスパックを選ぶようにしてくださいね。

フェイスパックを正しく使い、肌のお悩み改善を目指しましょう!