エイジングケアには美容液が欠かせない!ケアにプラスして美肌を手に入れる

エイジングに伴う肌の悩みを改善したいなら、悩みに合わせた有効成分が入ったエイジングケア美容液を活用するのが大切です。年齢を感じる肌変化に対応するため、自分に合ったエイジングケア美容液を用意して、エイジングケア用美容液で美肌力をキープしましょう。

そこで今回は、エイジングケア美容液の特徴と使い方、さらにはダーマロジカおすすめのエイジングケア美容液をご紹介します。

エイジングケア用の美容液と普通の美容液の違い

まずは、エイジングケア用の美容液と普通の美容液の違いについてみていきましょう。知らずに使っていると、せっかくの高級な美容液も効果が感じられないかもしれません。

テクスチャもさまざま

ローションタイプやジェルタイプ、ふき取りタイプなどさまざまな種類があるので、好みの使用感で選びましょう。
ただし、肌がデリケートな方は、導入美容液を使用する場合、コットンでふき取るタイプのものだと、摩擦が肌の負担になる可能性もありますので注意をしましょう。

美容液は目的別に合わせた有効成分が豊富に含まれている

美容液は肌悩みを改善することに特化したアイテムなので、気になる症状に合わせて選ぶのが基本です。一般的な美容液は保湿効果がメインなので、悩みに合わせた有効成分が入った美容液を用意しましょう。

エイジングケア美容液は、加齢に伴って引き起こされるハリ不足や乾燥による小ジワなどの悩みにアプローチします。エイジングに伴う肌の悩みを改善したい場合には「肌にうるおいが欲しい」「紫外線によるシミを予防したい」「乾燥小じわを目立たなくしたい」など、目的に合わせた美容液を準備してください。

効果的なエイジングケア美容液の使い方

ここでは、日々のケアにビタミンC美容液を取り入れる方法について、2つのポイントに絞って解説します。効果的にエイジングケア美容液を使って、美肌を手に入れましょう。

使用量の目安を守る

美容液の使用量は、商品によって使用量の目安は違いますよね。商品に記載されている分量を確認して、使いましょう。また空気が乾燥する冬場や乾燥肌の方は、重ね塗りをするなどして、使用量を調節してください。

継続が大事!1か月は使い続ける

美容液は、継続して続けてこそ力を発揮してくれるアイテムです。美容液を使い始めた翌日の肌を見ただけで「あまり効果ない」と考えるのは早計です。美容液はスペシャルケアとして取り入れるのではなく、毎日使用するのが効果的です。

肌のターンオーバーは健やかな20代の肌で約28日、40代になれば40日程度と言われているので、肌トラブルがなければ、最低でも1か月は使ってみましょう。

エイジングケア美容液で目指す、若々しい肌

ここからは、肌の炎症やダメージをカットする効果のあるおすすめビタミンC美容液2選を紹介します。ビタミンC美容液選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

エイジングサインの気になるお肌を徹底保湿ケア【バイオルミン C セラム】

「バイオルミン C セラム」は、エイジングサイン、様々な肌悩みにマルチに応える高機能美容液です。

セラムは肌への吸収力が期待できる上に、保湿剤の下に塗っても問題ありませんので、デイリーケアとして活用できます。また継続して使用することで、肌のもちもち感、ハリ感を実感できると好評のアイテムでもあります。

【商品名】
バイオルミン C セラム

【タイプ】
高機能美容液

【このようなお悩みの方におすすめ】
・年齢肌
・乾燥肌
・肌トーンのむら

健康的な生き生きとした印象へ【バイオルミンCアイセラム】

バイオルミンCセラムと同じ安定型ビタミンCが配合されている目元美容液【バイオルミンCアイセラム】。エイジングサインの気になる目元を保湿によりケアします。乾燥による角質層の乱れから起こるくすみに有効的です。

また目元にハリとうるおいを与え、健康的な生き生きとした印象へ導きます。1滴で伸びがいいので、コスパが良い点も嬉しいポイントといえるでしょう。

【商品名】
バイオルミンCアイセラム

【タイプ】
目元美容液

【このようなお悩みの方におすすめ】
・年齢肌
・乾燥肌
・肌トーンのむら

エイジングケア用の美容液で肌悩みにアプローチしよう

エイジングに伴う肌の悩みを改善したいなら、エイジングケア美容液を活用するのが近道といえるでしょう。また美容液を選ぶ際は、悩みに合わせた有効成分が入ったアイテムを用意することが大切です。
加齢によるシワやたるみなど、年齢を感じる肌変化にはエイジングケア美容液でマッサージをすることによって対応して、いつまでも若々しい肌を目指しましょう。