花粉症は肌荒れにつながる?おすすめのスキンケア方法を伝授

春になると多くの人を悩ませる「花粉症」。くしゃみや目のかゆみに堪えられず、薬を飲む方も多いですよね。しかし、花粉症が引き起こすアレルギー反応はそれだけではないのです。この季節に起こる肌荒れも、もしかしたら花粉症の影響である可能性も……。

そこで今回は、花粉症による肌荒れに対する正しいスキンケア方法をご紹介します。

花粉症は鼻水だけじゃない!その肌荒れ、花粉症かも

花粉症になると、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状だけでなく、肌トラブルに悩まされる方も珍しくはないことでしょう。それはなぜか。
花粉症と肌荒れの関係性を確認していきましょう。

実は肌荒れによる肌の赤みやかゆみといった症状も、花粉症の症状

春に起こりやすい肌荒れの症状が、肌の赤みやかゆみだとされています。また花粉症に多いくしゃみや鼻水といった症状がなく、肌荒れだけが気になるという方もいるため、原因が花粉だとわからないまま対策をしていない人も少なくはないようです。
しかしそれでは、肌荒れの症状が改善しないという可能性も……。

だからこそ、春になると肌荒れが気になるという方は、花粉症の影響を疑ってみてもいいのではないでしょうか。

敏感肌タイプは要注意!花粉症による皮膚への影響

花粉によって引き起こされる肌荒れは、健康な肌の方にも起こり得ます。ただし、より悪化しやすいのは敏感肌タイプの方だと言われています。

また肌は乾燥するとデリケートになり、外からの刺激を受けやすくなるでしょう。そのため、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防ぎにくくなり、花粉症による肌荒れにかかりやすくなってしまうのです。

スキンケアで行う花粉による肌荒れ予防と対策!

では、どのように花粉による肌荒れを対処すればよいのでしょうか。ここでは、花粉による肌への影響を受けにくくするための習慣と、スキンケアで行う花粉による肌荒れの予防・対策を解説します。

花粉が肌につかないように注意する

まず大切なのは、花粉自体の付着を防ぐということです。風を防ぐのに、マスクをしたり手洗いうがいをしたりしますよね。それと同じで、原因となるアレルゲンを取り除くのは、予防策として非常に効果的だとされているのです。

花粉が肌に触れないようにメガネやマスクで肌を覆ったり、服に花粉ブロックスプレーをかけたりして、なるべく花粉が皮膚に触れないように対策を取りましょう。

しっかりと保湿をして肌バリアを守る

花粉症による肌荒れが引き起こされる原因のひとつが、肌の乾燥だとされています。乾燥した肌はそもそも肌荒れを引き起こしやすいので、しっかりと保湿を行い、肌バリア力を高めておきましょう。

花粉を落とすためにゴシゴシ洗顔はNG

花粉が皮膚についているからといって、強い力をかけてごしごし洗顔はやめましょう。春のゆらぎ肌は強い力に弱く、すぐにダメージを負ってしまう可能性があります。そのため、優しくマッサージしながら洗顔をすることが大切です。

敏感に傾いた肌のための保湿ケア

花粉症による肌荒れを防ぐには、保湿ケアが欠かせません。ここからは、春先に使ってほしいおすすめの保湿ケア用品を紹介します。どちらも肌をやさしく整えてくれるアイテムなので、花粉症による肌荒れに悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。

保湿成分がダメージから肌を守る【C ウォーター ジェル】

C ウォーター ジェルは、保湿成分のバリア膜が肌の潤いを保ち、環境によるダメージから肌を守ります。

2つのヒアルロン酸が働くことで、モイスチャーバランスの調整をサポートし、肌に潤いを閉じ込めることが期待できます。すっと肌なじみよく浸透するので、花粉症による水分不足に陥った肌にぴったりなのではないでしょうか。

【商品名】

C ウォーター ジェル

【タイプ】

保湿剤

【このようなお悩みの方におすすめ】

・乾燥肌
・赤ら顔
・敏感肌

肌のバリア機能をサポート【UC バリア R】

肌コンディションが気になる方は、「UC バリア R」がおすすめです。UC バリア Rは、さまざまな環境要因や摩擦などで傷つきがちな肌をケアするカラスムギ穀粒エキスなどを配合した保湿剤です。

配合されたシリコンが肌本来のバリア機能をサポートし、かさつきなどの不快感をやわらげてくれることでしょう。また、化粧下地としてもお使いいただけるので、ファンデーションやクリームなどがつけられない敏感肌の方にもおすすめできるアイテムといえます。

【商品名】

UC バリア R

【タイプ】

保湿剤

【このようなお悩みの方におすすめ】

・敏感肌

スキンケアと花粉対策で春の肌荒れを回避しよう!

日頃のスキンケアとアフターケアをしっかり行っていくことで、花粉症による肌荒れを防ぐことができます。いつまでも輝く美肌でいるために、正しい知識でスキンケアを行っていきましょう。