敏感肌でも安心!紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、敏感肌の方でも使えることで今注目を集めています。今回は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めがどうして敏感肌に優しいのか、さらに、正しい選び方についても見ていきます。ぜひ参考にしてくださいね。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが敏感肌に効果的な理由

まずは、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが敏感肌の方におすすめな理由について解説していきます。紫外線吸収剤を使っている日焼け止めと比較しながらお伝えします。

紫外線吸収剤は肌の上で化学変化が起きるために負担が大きい

紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収に効果的な化学成分です。こうして一度肌に吸収した紫外線を肌から放出することで、肌をきれいに保つ効果が期待されています。

しかし敏感肌の方の場合、その化学反応の過程で肌が赤くなったり痒くなったりというアレルギー反応が起きてしまうことがあるのです。

そのため、敏感肌や子どものデリケートな肌には、化学変化が起きにくく、肌への負担が少ない、紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(ノンケミカル)がおすすめといえるでしょう。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの選び方

日焼け止めは、肌タイプに合わせて正しく選ぶことが大切です。自分の肌に合う日焼け止めを活用して、紫外線ダメージから肌を守りましょう。

無香料・無着色・低刺激などの添加物が少ないものを選ぶ

敏感肌は、肌のバリア機能が弱い状態です。そのため、少しの刺激でも過剰に反応してしまう可能性があります。肌への刺激となりうる添加物が少ないものを選ぶように心がけてください。

実際に使用感を確認してから選ぶ(白浮き、テクスチャー)

ノンケミカルのものであっても、長く使えなければ意味がありません。使い心地が悪いと塗るのがおっくうになってしまうため、購入前に手に取って使用感を確認しましょう。

またノンケミカルの日焼け止めには、紫外線反射剤が含まれていることもあります。紫外線反射剤には酸化チタンや酸化亜鉛などの白い粉末を使用しているため、白浮きや、テクスチャーがざらっとするものも。そのため、使い始めはその使い心地が自分にあうものか、注目してみてはいかがでしょうか。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリーム

ここからは、敏感肌でも使用できるスキンケア商品を紹介します。日ごろの肌荒れに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

白浮きしにくくなじみのよいテクスチャー【インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30】

『インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30』は、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル、紫外線吸収剤不使用で敏感肌や乾燥肌の方でも心地よく使用できる日焼け止めクリームです。

肌になじみ、白浮きしにくいのがうれしいポイント。肌馴染みが良いとされているテクスチャーなので、べたつかず軽い付け心地を実感できることでしょう。

【商品名】
インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30

【タイプ】
日焼け止めクリーム

【このようなお悩みの方におすすめ】
全ての肌タイプ

健やかな肌に導くシルクのような美容液【SS シールド spf30】

『SS シールド spf30』は、広範囲にお使いいただける、敏感肌のためのSPF保湿剤です。紫外線吸収剤不使用のボタニカル成分(カラスムギ穀粒エキスをはじめとした3種類)が、肌バリアをサポートし、ダメージの原因となる環境ストレスから肌を守ります。

【商品名】
SS シールド spf30

【タイプ】
美容液

【このようなお悩みの方におすすめ】
・敏感肌

敏感肌でも使える日焼け止めで肌を守ろう

自分の用途や肌質に合った日焼け止めを選ぶことが、美肌を守るために必要不可欠です。正しく日焼け止めを選んで快適な生活を送りましょう!