マスク生活のスキンケア

マスク生活が当たり前になったこの冬、withコロナ時代の新しいスキンケア習慣を取り入れてみませんか?今まで風邪の予防にしていたマスクも、今年は昨年以上に付ける機会や時間が長くなっています。そんなマスクの中はどうなっているのでしょう?
そこで今回は冬のマスク生活でのスキンケアについてご紹介します。

空気の乾燥とマスクのムレにご用心

マスクをしていると「あったかい」と感じる反面マスクの中が「もわもわ」「ジメジメ」と感じたことはありませんか?感染予防には大切なマスクですが、お肌にとっては大きな負担となっていることが多いようです。マスクの中は自分の体温で温められ、また吐く息で蒸れた状態になっています。その蒸れたマスクの中の肌は毛穴が開きがち。その毛穴に古い角質や汚れが入りやすくなっています。さらにその状態のまま乾燥した空気の中でマスクを外すと、皮膚の水分はあっという間に蒸発していきます。
これを繰り返していると、皮膚の水分がどんどん失われ、肌は乾燥してしまうなど肌トラブルの原因につながるとも言われています。
そこで、日中は室内外問わずマスクの中の汗をこまめに拭き取りましょう。その汗に含まれている皮脂を拭き取ることが大切です。また、こまめに保湿することをおすすめします。シュッと手軽に一吹きできるミストなどをそばに置いておくのもいいですね。

冬に毛穴が目立ってしまう原因と対策法とは?

夏に毛穴が目立ってしまうというイメージを持つ方が多いようですが、「冬でも毛穴が目立つ」と感じる方も多いようです。今回は夏と「冬の毛穴トラブルの違いについて」と冬の毛穴対策についてをご紹介します。

夏の毛穴が目立つ原因とは

夏は気温も湿度も高く皮脂の分泌量が増える時期と言われています。汗をかいて肌がテカってしまったり、べたついたりするだけでなく、毛穴も開きやすくなり目立つようになります。また強い紫外線さらされたり、エアコンによる乾燥や夏バテはお肌にとっても負担になります。溜まった古い角質と皮脂が汗に混ざり合って毛穴に詰まると、角栓になり毛穴が目立ちやすくなります。そのまま取り除かずに放置しているとやがて酸化して、イチゴのようにブツブツとした黒ずんだ毛穴なってしまいます。

冬の毛穴が目立つ原因とは

寒い冬の季節がくると、夏に比べれば毛穴の広がりは気にならなくなっているかもしれません。空気やエアコンによって肌が乾燥していたら毛穴は開くのではなく閉じていくのではないかと思いがちですが、必要以上に肌の乾燥が進んでしまうことで肌のキメが少しずつ乱れていってしまいます。肌が乾燥することで肌のキメが乱れてしまうと、皮膚の表面に隙間ができてしまうことで毛穴が目立ってしまう原因となります。また、ターンオーバーの乱れや肌のハリ、弾力の衰えも毛穴を目立たせてしまう原因の一つと言われています。さらに冬の紫外線も侮れません。

冬のスキンケア

夏、冬それぞれ原因は異なるものの、季節に合わせた毎日のスキンケアが大切ですが、やはり夏でも冬でも基本は「角質ケアと保湿」。そこで冬におすすめのスキンケアをご紹介します。
まずは洗顔。しっかりと毛穴の汚れをしっかり落としつつ、肌表面に蓄積された古い角質をオフしてターンオーバーを正常に整えることが大切です。また冬のお肌にとっての大敵は乾燥です。洗顔後に十分な保湿をしてしっかり水分補給してあげましょう。そしていつものスキンケアに保湿効果の高い美容液などをプラスしてみるのもおすすめです。

毎日のスキンケアに心強いミカタ。

ライスベースの微粒子パウダー角質ケア洗顔料。(エクスフォリエント)お米由来酵素が余分な角質を取り除き、滑らかな手触りの肌に。肌に負担をかけすぎないので、毎日お使いいただけます。

商品名
デイリー マイクロフォリエント


肌のキメを整え引きしめ、ハリを与える化粧水。うるおいバリアで肌を守りながらみずみずしい肌を保ちます 。微細なミストスプレーなので、メイクの上から使用して、肌をリフレッシュ。ほのかなローズの香り。

商品名
AO ハイドラミスト

季節や環境にあったスキンケアを

季節、気候で異なる肌環境。その環境に合わせたスキンケアが必要です。また、最近のマスク生活の中で無意識のうちに起きているマスク内部のムレによる肌トラブルや肌への負担増。そのケアの中でも日頃からの「保湿」を意識してみましょう。