ビタミンCは飲むより肌につける?!ビタミンCコスメをセレクトしよう

優れた美容効果が期待できることから、コスメの中でも大きな注目を集めている「ビタミンC」。とはいえ、ビタミンCが何にどう効くのかは正直よく知らない、という人も多いのではないでしょうか。また、ビタミンCというと、レモンなどで「飲むもの」と思っている方もいらっしゃることでしょう。しかし、ビタミンCは飲んでも効果が薄く、肌に直接塗ったほうが効果的だといいます。

そこで今回は、効果的に肌へ浸透させるといわれる「ビタミンC美容液」の効果と、おすすめのビタミンC化粧品をご紹介します。

どうしてビタミンCは肌に塗ると効果があるの?

美容効果が期待できるビタミンCではありますが、実は酸化しやすい、熱や光に弱いことから、ビタミンCの原液そのものを肌へ塗っても、有効成分の肌への浸透は期待できないといいます。そのため、「ビタミンC美容液」として、肌に取り入れることが効果的とされています。

低刺激な上に、優れた美肌効果が期待できる

ビタミンCは、肌への刺激が少なく、美肌効果を発揮する成分だといわれています。

ビタミンCが肌に浸透することで、次のような美容効果が期待できることでしょう。
・肌の凹凸を調整し滑らかにする
・外部ダメージから肌を守る
・肌にハリを与え、健やかに保つ

日焼けによるシミにも有効

ビタミンCは、紫外線によるシミや乾燥による肌のくすみ、ニキビ跡の原因である角質層にできるメラニンの生成を抑制する効果にも期待ができます。そのため、夏場の日焼けによってできたシミにも使用できます。

毎日のケアにビタミンCを取り入れる方法

曇りのない透明感のある肌を目指す方に人気のアイテム「ビタミンC美容液」。これを効果的に活用するためにも、使い方と効果的な部位を確認していきましょう。

ビタミンC美容液の効果的な使い方

・朝、晩、適量を手にとりお顔全体と首元になじませます。
・肌に浸透するまで1分待ちましょう。
・その後、いつも通り保湿、日焼け止め、メイクをすればOK!

ビタミンC美容液が効果的な部位とは?

「目元」「頬」「口元」は、エイジングサインが出やすい部位です。紫外線によるメラニン生成の抑制効果が期待できるビタミンCは、気になる部分だけをピンポイントで使用したい方にもおすすめですよ。

またエイジングサイン対策のためにも、ビタミンC美容液は継続的に使用しましょう。

肌への効果期待大!おすすめビタミンC美容液2選

ビタミンC美容液の特性をご紹介したところで、次は肌の炎症やダメージをカットする効果のあるおすすめビタミンC美容液を2つご紹介します。ビタミンC美容液選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

肌悩みにマルチに応える高機能美容液【バイオルミン C セラム】

「バイオルミン C セラム」は、エイジングサイン、様々な肌悩みにマルチに応える高機能美容液です。

使い方も、化粧水でお肌を整えた後、スポイトを1プッシュして適量を吸い出し、手に取ってお顔全体と首元になじませるだけと、比較的簡単。

朝晩お使いいただけますので、通常のスキンケアのひとつに加えてみてはいかがでしょうか?また使用後、日光にあたる場合は、日やけ止めのご使用をおすすめします。

【商品名】
バイオルミン C セラム

【タイプ】
高機能美容液

【このようなお悩みの方におすすめ】
・年齢肌
・乾燥肌
・肌トーンのむら

【安定型ビタミンC配合の目元美容液】バイオルミンCアイセラム

バイオルミンCセラムと同じく、角質層の深部への浸透力が期待できる「安定型ビタミンC」が配合されている目元美容液です。目元にハリとうるおいを与え、健康的で若々しい目元へと導く効果が期待できます。

こちらも使い方は、簡単。
化粧水の後、米粒1個分を指先に取り、目の下に優しく塗り込みます。継続して使用することで、効果が実感できることでしょう。

【商品名】
バイオルミンCアイセラム

【タイプ】
目元美容液

【このようなお悩みの方におすすめ】
・年齢肌
・乾燥肌
・肌トーンのむら

ビタミンCコスメをセレクトして潤いを与えよう

酸化しやすいビタミンCの効果は、飲むよりも、肌への浸透力を意識して改良されたビタミンC美容液を肌に直接塗ったほうが効果があるとされています。

ビタミンC美容液を毎日のスキンケアに取り入れて、年齢肌トラブルにも負けない美肌を目指しませんか?