【敏感肌さんも安心!】敏感肌に優しい日焼け止めを選ぶポイントとは

日焼け止めは、紫外線による肌ダメージを防ぐための必需品です。しかし、敏感肌の方が効果の高いものを使うと肌が荒れてしまう可能性も考えられます。
そこで今回は、敏感肌の方に向けた日焼け止めの選び方と、使い方のポイントについて解説していきます。

敏感肌が日焼け止めを慎重に選ばなければならない理由

まずは、どうして敏感肌の方が日焼け止めを慎重に選ばなければいけないのかを確認していきましょう。
思わぬところに落とし穴があるかもしれませんので、「ちゃんと選んでいるはずなのになぜか肌荒れを起こしてしまう…」という方は要チェックですよ!

紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こす

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線反射剤の2種類があります。紫外線吸収剤はバリア効果が高いというメリットがあります。しかしその一方ですが、その分肌の上で化学反応が起こっています。そのため、敏感肌の方が使うと、肌が赤くなったり痒くなったりというアレルギー反応が起こる可能性があるのです。

一方で紫外線反射剤は化学変化が起きにくいため、肌への負担が少なく、敏感肌や子どものデリケートな肌にも使いやすいとされています。

メリットデメリット
紫外線吸収剤バリア効果が高い赤み、かゆみ、アレルギー反応
紫外線散乱剤肌への負担が少ない白浮きしやすい

日焼け止めのタイプによっても敏感肌に与える効果が違う

日焼け止めには、普段使いやアウトドア用などシーンや目的に応じて多くの種類があります。実際に薬局に行って買おうと思っても、どれが合っているのかわからずに困ってしまうこともありますよね。

特に敏感肌の方は、自分に合った日焼け止めのタイプを知っておくことで、選びやすくなるのではないでしょうか。

とはいえ、肌が敏感な方にとって、日焼け止めのタイプだけで製品を選ぶというのは、まだまだ不安に感じますよね。
そこで次からは、敏感肌の方でも安心して使える日焼け止めの選び方について、さらに詳しくご紹介します。

敏感肌でも安心して使える日焼け止め選びのコツ

敏感肌の方が日焼け止めを選ぶにあたり、気を付けるといい選び方のポイントをさらに詳しくご紹介します。たくさんある日焼け止めの中から、あなたに一番合うものを選ぶために、ぜひ参考にしてくださいね。

肌の刺激につながる紫外線吸収剤が不使用のものを選ぶ

日焼け止めは、紫外線をカットするために紫外線吸収剤が多く含まれているものがあります。もちろん肌に直接塗布するものですので、健康な肌の方が使っても赤みが出たり肌荒れが起こったりはしません。

ただし、敏感肌の方はそういった紫外線吸収剤にも反応しやすいため、「紫外線吸収剤不使用」の表記のあるものを選ぶことをおすすめします。

日焼け止めは、肌タイプに合わせて正しく選ぶことが大切です。自分の肌に合う日焼け止めを活用して、紫外線ダメージから肌を守りましょう。

無香料・無着色・低刺激などの添加物が少ないものを選ぶ

敏感肌は、肌のバリア機能が弱い状態です。そのため、少しの刺激でも過剰に反応してしまう可能性があります。肌への刺激となりうる添加物が少ないものを選ぶように心がけてください。

実際に使用感を確認してから選ぶ(白浮き、テクスチャー)

ノンケミカルのものであっても、長く使えなければ意味がありません。使い心地が悪いと塗るのがおっくうになってしまうため、購入前に手に取って使用感を確認しましょう。

またノンケミカルの日焼け止めには、紫外線反射剤が含まれていることもあります。紫外線反射剤には酸化チタンや酸化亜鉛などの白い粉末を使用しているため、白浮きや、テクスチャーがざらっとするものも。そのため、使い始めはその使い心地が自分にあうものか、注目してみてはいかがでしょうか。

紫外線吸収剤不使用であらゆる肌質でも安心なサンスクリーン【インビジブル フィジカル ディフェンス SPF 30】

インビジブル フィジカル ディフェンス SPF 30は、紫外線吸収剤不使用でどんな肌質の方でも安心して使えるサンスクリーンです。また白浮きしにくく、なじみの良いテクスチャーと軽い付け心地も特徴的。さらに日常紫外線はもちろん、ブルーライトからもお肌を守る効果が期待できます。

【商品名】インビジブル フィジカル ディフェンス SPF 30
【タイプ】保湿剤
【このようなお悩みの方におすすめ】敏感肌の方

敏感肌に優しい日焼け止めで肌をトーンアップさせよう

敏感肌の方は、お肌にやさしい敏感肌用スキンケア・化粧品シリーズのものを選ぶなど、日焼け止め選びは慎重にしましょう。自分に合った日焼け止めを選んで、ワントーン明るい肌を手に入れてくださいね!