意外と知らない?日焼け止めのSPF!SPF数値別の期待できる効果とは

どの日焼け止めにも記載がある、「SPF」の文字。数値が大きい方が効果的な印象がありますが、実際に日焼け止めのSPF効果について知っている方は少ないのではないでしょうか。
今回は、SPF数値が低いとどうなのか、SPF数値別に期待できる効果はどんなものかについて紹介します。

SPF数値が低いとどんなことがあるの?

まず知っておきたいのは、SPF数値が低いとどんなことがあるのかということです。そもそもSPFとは何なのか、さらに、SPF数値が高いと効果が高いのかという疑問についても解説していきます。

SPFとは?

SPFとは、『Sun Protection Factor』の頭文字から来ています。簡単に言えば、『紫外線防御指数』『日焼け止め指数』のことです。

日焼けが始まるのを遅らせる効果を示しており、SPF1がおよそ20分とされています。つまり、SPF数値が高いほど、日焼けをする時間を遅くする効果が期待できるということですね。

SPF数値が高いと効果が高い?

確かに、SPF数値が高いと、日焼け止めの効果も高そうに思えます。しかしSPFは、日焼けをカットする効果を表した数値ではありません。自分の生活リズム・使用シーンに合わせて適切なSPF数値を選ぶことで、日焼け止めの効果を正しく発揮させられるのです。

SPF数値別の期待できる効果とは

SPF数値は、適切に選ぶことで日焼け止めの効果をより発揮できるとされています。ここからは、そこで次に、SPF数値ごとの期待できる効果について、シーン別に紹介していきます。自分の生活パターンを思い出しながら、適切な日焼け止めを選んでくださいね。

SPF20:通勤・近所への買い物や散歩などの日常生活
外に出ている時間が通勤・近所への買い物や散歩などの数分から1時間程度なら、SPF10~20で十分ではないでしょうか。強すぎるものを使うと、肌荒れを引き起こす可能性もあります。

SPF30:屋外での軽いスポーツやレジャー活動、営業の外回り
屋外での軽いスポーツやレジャー、営業の外回りのように2~3時間の外出なら、SPF30~40を選んでください。炎天下の場合は40くらいの強さがあってもいいですが、基本的に屋外で軽く活動する程度なら、それほど高い数値のものは必要ないかもしれません。

SPF50+:ゴルフ、野球、海水浴など、長時間日光に当たるときや炎天下でのスポーツ時
SPF50以上のものを選ぶときは、紫外線に常にさらされるような場所に長時間いる場合です。夏のレジャーのバーベキュー・海水浴はもちろん、冬場でも長時間屋外にいるときには、SPF50以上のものを選ぶことをおすすめします。

ダーマロジカおすすめの日焼け止めクリーム

ここからは、ダーマロジカおすすめの日焼け止めクリームを2つご紹介します。どちらも自信を持っておすすめできるアイテムです! 気になった方は、ぜひ一度サンプルで試してみてくださいね。

サンプルのご相談

3つのファンクションが1つになった高機能保湿剤【ダイナミックスキン R spf50】

『ダイナミックスキン R spf50』は、保湿剤・日焼け止め・エイジングケアの3つのファンクションが一つになった高機能保湿剤です。

オレオソームテクノロジーが少ない紫外線吸収剤を使っているので、高い紫外線防止効果を維持しつつも、乾燥を防いで潤いを肌に与える効果が期待できます。

さらにダイナミックスキン R spf50には、コラーゲンの生成をサポートするペプチドを豊富に配合しています、そのため、日焼け止めとして活用しながら、乾燥によるシミ・そばかす予防にもお使いいただけます。

【商品名】
ダイナミックスキン R spf50

【タイプ】
高機能保湿剤

【このようなお悩みの方におすすめ】
・敏感肌
・加齢
・肌のトーンむら
・乾燥肌

敏感肌でも使用できる日焼け止めクリーム【インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30】

『インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30』は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームです。

紫外線を散乱させる成分が肌表面をコーティング。肌表面を覆って紫外線を反射・散乱させ、環境要因から肌を守る効果が期待できます。さらにブルーライトから肌を守る効果も望めるため、日頃からスマホやパソコンを使う方にもおすすめです。

気になる白浮きもしにくく、なじみのよいテクスチャーが特徴です。仕上がりは滑らかで、輝きのある肌を目指せることでしょう。

【商品名】
インビジブル フィジカル ディフェンス SPF30

【タイプ】
日焼け止めクリーム

【このようなお悩みの方におすすめ】
全ての肌タイプ

適切なSPF数値を選んで紫外線から肌を守ろう!

SPF数値は、適切に選ぶことで日焼け止めの効果をより発揮するとされています。自分の肌質や使用するシチュエーションを考えてSPF数値を選びましょう。日焼け止めを正しく選ぶことで、いつまでも美肌でいられるのではないでしょうか。