マスク生活で目立つ毛穴の開きが気になりませんか?

どうして毛穴が目立つの?

「新しい生活様式」の一つとしてのマスク着用。この長引くマスク生活の中で、気付いたら毛穴が目立ってきてドキッとしたことはありませんか?感染症対策としてとても大切なアイテムですが、マスクを着用していると肌との摩擦やムレなどは避けられません。加え、長時間の着用によって肌にとっては負担が増すなど、これらが毛穴の開きに影響を与えているかもしれません。今回は、毛穴が目立つ状態の種類と原因、毛穴ケアについてご紹介します。

毛穴タイプ:開き毛穴

ぽっかりと穴が開いたような「開き毛穴」。

Tゾーンや小鼻に目立ちやすく、メイクのノリが悪かったり化粧崩れしやすいことでお悩みの方も多いようです。毛穴が丸く開いているのが特徴です。
この原因の一つには過剰な皮脂の分泌があげられます。

通常、皮脂は肌を乾燥などから守ってくれていますが、皮脂の分泌量が増えることに伴い皮脂の出口である毛穴が押し広げられて、大きく広がりやすいと言われています。さらに、夏は気温も湿度も高く皮脂の分泌量が増える時期です。

もともとマスクをしている時の中の肌は、ムレた状態で毛穴が開きやすくなっているので、この時期は特に注意が必要ですね。

毛穴タイプ:たるみ毛穴

細長く、しずく状やみかんの皮のような凹凸状の毛穴。楕円状に広がり、毛穴同士がつながってしまうことも。

30代くらいになると急に目立ち始める方も多いようです。頬を持ち上げると毛穴が目立たなくなることが特徴です。涙形毛穴と呼ばれることもあります。
これは加齢や乾燥、紫外線の影響などで肌のハリと弾力が失われることによって、肌がたるみ、毛穴のまわりがゆるんで毛穴が引っ張られることが原因と言われています。


これらの原因の中でも「乾燥」はマスク生活において特に気を付けるポイントです。

ムレた状態からマスクをはずすと、皮膚の水分はあっという間に蒸発します。マスクの着脱を繰り返しているうちに肌はどんどん乾燥してしまいますので、こまめに保湿するよう心掛けましょう。

毛穴タイプ:黒ずみ毛穴

Tゾーンや小鼻などに、黒く点々ができたように見える「黒ずみ毛穴」。

鼻の毛穴が黒ずみ、いちごの種のように目立つ「いちご鼻」など、黒くぽつぽつとした斑点状になるのが特徴です。


主な原因は角栓。これはメイクの残りや古い角質、皮脂などが混ざり合って毛穴に詰まったものです。そのまま取り除かずに放置していると、やがて酸化し黒ずみ毛穴になります。

特に鼻は皮脂腺の数が多く、皮脂の分泌量が多い部分なので、ムレたマスクの中で開きがちなその部分の毛穴に皮脂や角質などがたまりやすくなっていると言われています。

このように様々なタイプの目立つ毛穴。それらができしてしまう原因も様々ですが、主な要因としては過剰な皮脂分泌、乾燥などのようです。まずは自分の毛穴の状態をしっかり把握して正しい毛穴ケアを見つけましょう

目立つ毛穴のケア方法

基本は「清潔に保つための洗顔」と「しっかり保湿」

まずは肌を清潔に保つために、過剰に分泌された皮脂や古い角質などの汚れをしっかり落としましょう。

落としきれなかったメイクも黒ずみにつながることがありますのでメイク落としもしっかりと。洗顔料もジェルタイプ、フォームタイプ、オイルタイプなど様々な種類がありますので、それらの中から自分の肌タイプにきちんと合った洗顔料を選びましょう。


毛穴の黒ずみの原因の一つと言われる角質。そのケアもお忘れなく。毛穴の奥に詰まってしまった古い角質や汚れなどには酵素洗顔もオススメです。角栓のもとになる皮脂を酵素の力で分解したり、古い角質を落としてくれる効果が期待できるので毛穴ケアにはピッタリのアイテムです。また、定期的な角質ケアでターンオーバーのサポートを促してくれるのも嬉しいですね。


洗顔は、黒ずみ毛穴が気になるからといってゴシゴシ洗いや、洗いすぎは禁物です。必要以上の刺激はかえって肌に負担をかけて傷めてしまったり、皮脂の過剰分泌につながることもありますので、用法を守って使用しましょう。


すすぎは洗顔料が残らないよう、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。洗顔後は柔らかいタオルで優しく、抑えるように拭き取ってから、なるべく時間を空けずに保湿しましょう。


保湿不足は肌の弾力不足や、たるみ毛穴など毛穴が目立ちやすくなる原因につながることも。丁寧な保湿を心がけて、保湿力が高い化粧水などで肌にたっぷりと水分を与え、しっかり保湿しましょう。洗顔料選びの際に、うるおい成分もチェックすることもオススメです。


その他、マスク生活中の毛穴ケアとして、マスクの中の汗はこまめに拭き取りましょう。また目立つ毛穴の原因の一つとなる皮脂などは、あぶらとり紙などでこまめに取り除くようにしましょう。マスク内のインナードライにも注意が必要です。外出時の保湿にはメイクの上からでも使えるミストなどもオススメです。

マスク生活にあった正しいスキンケアが大切です。普段のスキンケアにプラスαなど、マスクをしている時の肌状態にも配慮した、アイテム選びと毎日のスキンケアを心掛けましょう。

角質ケアとうるおい補給が同時にできる2イン1マスク

ハイドロマスクエクスフォリエント

角質ケアとうるおい補給が同時にできる2イン1マスク。バンブービーズをざらつき・ごわつきが気になるところにころがして角質ケア。さらに5分間のパックでしっとりもちもちの肌に。

サイズ:50ml

このような肌悩みの方におすすめ!

  • 混合肌
  • 脂性肌

毎日できる角質ケア。酵素洗顔パウダーで毛穴黒ずみケア

デイリーマイクロフォリエント

ライスベースの微粒子パウダー角質ケア洗顔料。(エクスフォリエント)お米由来酵素が余分な角質を取り除き、滑らかな手触りの肌に。肌に負担をかけすぎないので、毎日お使いいただけます。

このような肌悩みの方におすすめ!

  • 年齢肌
  • 普通肌
  • 肌トーンのむら

ビタミンC誘導体配合で肌のキメを整える美容液

バイオルミンCセラム

安定型ビタミンC複合体(整肌成分)を配合。成分をしっかり角質層まで届けます。乾燥によるくすみが気になる方に。

このような肌悩みの方におすすめ!

  • 年齢肌
  • 乾燥肌
  • 混合肌

毎日のスキンケアを見直してみませんか?

マスク生活が「新しい生活様式」の一つになったことで肌の状態も変わってきていると言われています。この機会にマスク生活に合った、毎日のスキンケアを取り入れてみませんか?長引くマスク生活の肌のストレスを少しでも減らして、ココロもお肌も健やかライフを手に入れましょう!

<参考資料>

https://www.jstage.jst.go.jp/article/koshohin/40/1/40_1/_pdf