コンテンツにスキップ
LINEお友達追加で1,000円OFFクーポンプレゼント!
LINEお友達追加で1,000円OFFクーポンプレゼント!

酵素洗顔の正しい使い方のポイントとよくある疑問点について

酵素洗顔の正しい使い方のポイントとよくある疑問点について
酵素洗顔は「いちご鼻」と呼ばれる毛穴の黒ずみや古い角質のお手入れとして使われるスキンケアです。酵素洗顔は大きなメリットがありますが、使い方を間違えると肌トラブルの原因になることもあります。
酵素洗顔を効果的にお使いいただくためのポイントと、よくある疑問を解消していきます。

酵素洗顔ってなに?

デイリーマイクロフォリエント_ダーマロジカ
酵素洗顔の「酵素」とは「皮脂(脂肪)やタンパク質を分解する酵素」のことです。
そのためこの酵素が含まれている洗顔料を使用すると、洗顔料では落とせない肌表面の古い角質(垢)を除去することができます。
酵素洗顔は主に2種類。自分に合った酵素洗顔を選ぼう!
酵素洗顔に配合される酵素は主に2種類あり、その働きが異なります。皮脂(脂肪)分解酵素とタンパク質分解酵素です。
  • 皮脂(脂肪)分解酵素:リパーゼ
  • タンパク質分解酵素:パパイン、プロテアーゼ
  皮脂(脂肪)分解 タンパク質分解 両方
メリット 余分な皮脂を分解してくれるので、オイリーな脂性肌の方におすすめです。 肌のごわつき、くすみ、ざらつきを落としてくれます。肌が固く、スキンケアの浸透が悪い方におすすめです。 肌のテカリと、固くなった肌を解消してくれます。しつこい角栓やいちご鼻におすすめです。
デメリット 皮脂量の少ない人が使用すると皮脂を取りすぎてしまい、乾燥につながる可能性も。 肌表面の不必要な角質にアプローチするので、敏感肌の方や1日に複数回の使用は肌を痛める可能性があります。 酵素を複数利用することで肌の負担になることも。敏感肌の方は特に注意が必要です。

なぜパウダー状が多いの?

酵素洗顔に含まれている酵素には「水で活性化する」「水によって壊れやすい」という2つの特徴があります。
そのため、自分が使うときに水と混ぜ合わせることができるパウダー状の製品がよく見られます。

やさしい酵素洗顔を選ぶためのポイント

デイリーマイクロフォリエントで洗顔する女性
使用後の効果が大きい分、間違った使い方をすると肌への負担が大きくなってしまうのが酵素洗顔です。
そのため保湿成分を含む製品や弱酸性の製品を選ぶことで肌への負担を軽減して、やさしくアプローチしましょう。

「パラベンフリー」「合成着色料不使用」表示を確認

肌の乾燥や、バリア機能が整っていないため、敏感に傾いているときは少しの刺激が肌に負担となることも考えられます。
できるだけ自分の肌に合うものを選択するため、合う合わないがある成分が配合されてないかを確認することも大切です。具体的には以下の表示があります。
  • パラベンフリー
  • グルテンフリー
  • 合成着色料不使用
  • 合成香料不使用

 

「つっぱり」を防ぐために保湿成分を確認

洗顔料に保湿成分が含まれていると洗顔しながらうるおいを与えるため、「つっぱり」と呼ばれる乾燥状態を事前に防ぐことができます。保湿成分には以下のような成分が挙げられます。
  1. ヒアルロン酸:水分を保持することでクッションのような役割をしてくれます。
  2. コラーゲン:角質層の水分を保ち、蒸発しないようにサポートしてくれます。
  3. グリセリン:角層の隙間にある細胞間脂質の主成分のセラミドと相性の良い成分です。
  4. スクワラン:水分の蒸発を防ぐ役割をしてくれます。
  5. BG(ブチレングリコール):角質水分量サポートによる保湿作用

 

優しい洗浄成分で乾燥を予防しよう

多くの洗顔料に含まれている界面活性剤という洗浄作用をもつ成分があります。この成分には種類があり、その種類によって泡立ちや洗浄能力が異なります。
中でもアミノ酸系の界面活性剤は肌に優しいとされています。他の界面活性剤に比べると洗浄力や泡立ちが弱いですが、ほとんどが肌の酸性と近い弱酸性であり刺激が弱く、肌の保湿成分を不必要に洗い流さないという特徴があります。
具体的には以下があります。
<アミノ酸系界面活性剤>
  • ココイルイセチオン酸Na
  • ラウロイルメチルタウリンNa
脂肪酸+アミノ酸+アルカリで名称が構成されています(例:ココイル/イセチオン酸/Na)。他にもアミノ酸の名称として、「グリシン」「グルタミン酸」「アラニン」があります。
※泡立ちを良くするために高濃度に配合され、刺激が大きくなっている場合もあります。また複数の界面活性剤を使用することで刺激をやわらげている場合もあります。

酵素洗顔のメリット

デイリーマイクロフォリエント_パウダー
クレンジングや洗顔は肌表面にある「油性」と「水溶性」の汚れを落としますが、酵素洗顔は肌そのものの古い角質を落とすという新しいアプローチができます。

古い角質を除去して透明感のある肌に

タンパク質分解酵素を含んだ酵素洗顔を使用して古い角質を除去することで肌に透明感が与えられます。
また、角質層への浸透を妨げていた古い角質がなくなるので、化粧水や美容液をはじめとしたスキンケアが角質層に浸透しやすくなります。
※うるおいを与えることによる

皮脂汚れも落とせるって本当?

古い角質を分解する酵素だけでなく、皮脂(脂肪)を分解してくれる酵素もあります。
そのためオイリー肌の人や皮脂汚れに悩んでいる人は「リパーゼ」のような皮脂(脂肪)分解酵素を含んでいる酵素洗顔料を選ぶようにしましょう。

黒ずみ、毛穴詰まりや角栓は本当に落とせるの?

いちご鼻」と呼ばれる黒ずみになった角栓を酵素洗顔で溶かして剥がれやすくします。これに最適なのが皮脂(脂肪)分解酵素です。
角栓は皮脂という肌の油が毛穴に詰まっていること状態です。皮脂汚れと同様にこれも皮脂(脂肪)分解酵素が溶かしてくれるのでいちご鼻をしっかり洗えます。

酵素洗顔の注意点

酵素洗顔は効き目がしっかりと感じられる反面、使い方に注意をしないと思わぬ肌トラブルに見舞われるかもしれません。
またパウダー洗顔という珍しい製品のため、きちんと使い方を理解して酵素洗顔を使いこなしましょう。

肌トラブルがあるときは酵素洗顔を控えよう

ニキビなどの肌トラブルがあるときに酵素洗顔をお使いいただくときは注意が必要です。
オイリー肌だとアクネ菌が皮脂をエサにして、ニキビが増えることがあるので、皮脂(脂肪)分解酵素は一見有効に働きそうな気がします。
しかし赤ニキビのように炎症を起こしている状態で皮脂分解酵素を使用すると、肌が刺激と捉えてさらに炎症が悪化してしまう可能性があります。
炎症を悪化させないお手入れをまずはしっかりすることが大切です。

乾燥肌、敏感肌の方は使用に気をつけて

肌の状態が「乾燥肌」や「敏感肌」だという方は酵素洗顔を注意して選ぶ必要があります。
これらの肌質の方は、肌のバリアがうまく働いていないことが原因かもしれません。そのため、酵素洗顔を使用することで肌に直接刺激を与えることがないように注意して、バリア機能の保護と角質ケアが同時にできる洗顔料を選ぶことがポイントです。
これらの肌質の方はまずは「セラミド」などの肌バリアをサポートする成分を含んだスキンケアを使用して、肌バリアを整えることを目指しましょう。

お風呂で使っちゃダメ?湿気を避けて管理しよう

水で活性化するのと同様に、「水によって壊れやすい」という不安定性を持ちます。そのため、浴室をはじめとした湿気の多い場所で保管すると、製品のダメージを招きます。
そうすると製品が使えなくなってしまうので、乾燥した場所で管理しながら、ボトルタイプの製品を使うときには特に容器に水が入らないように注意しましょう。

酵素洗顔の使用頻度に気をつけて!

肌の古い角質や皮脂を分解する酵素洗顔はどのくらいの頻度で、いつ使えばいいのでしょうか?

スペシャルケアとしての使用が一般的

ここまで「保湿成分」や「やさしい洗浄成分」を説明してきたように、酵素洗顔は刺激になりやすいので一般的にはスペシャルケアとして週に1、2回の使用をすすめている製品が多いです。
しかし成分にこだわって毎日使用できるよう商品もあるので、まずは製品の説明を読んでみてください。

毎日使用すると効果が上がる?

「使用する頻度=効果が上がる」というわけではありません。
使用する頻度が多いと、確かに汚れをしっかりと落とすことはできます。しかし同様に肌の水分や油分を過剰に奪ってしまうかもしれません。
そのため、製品の説明にしたがって正しい頻度でご使用いただくことをおすすめします。

朝と夜、どちらで使えばいいの?

1日に1度の使用であれば、どちらのタイミングでも使用可能です。朝と夜での使用では以下のような違いがあります。
<朝に使用した場合>
朝に使用すると肌表面が滑らかになるので、メイクのノリが良くなることが期待できます
<夜に使用した場合>
1日の汚れを落とすことができ、スキンケアの浸透もいつもより実感できるかもしれません。

酵素洗顔の使い方とその順番

1番効果のある使用手順は?

一般的に「刺激になりやすい」「古い角質を落とす」という特徴はありますが、具体的な使用量の目安、洗顔の時間などについては各製品の説明を参照することが最もおすすめです。

まずはクレンジングでメイクを落としましょう 

メイクをしているときはきちんとクレンジングでメイクを落としましょう。メイクが残っていると酵素洗顔料が肌表面の角質を分解する前に、メイクに阻まれてしまいます。

洗顔料として使える?洗顔料との違いは?

製品によっては使えるかもしれませんが、基本的におすすめはできません。
酵素洗顔料は不安定な酵素を働かせるために様々な成分が使用されており、洗顔をメインにした商品ではないからです。

洗顔の後に使用していいの?

基本的には洗顔の後の使用がおすすめです。製品によっては洗顔料と混ぜて使用できるものもあるので、簡単にお使いいただけます。

泡を乗せるだけでいいの?マッサージは必要?

「分解酵素」というものの、完全に分解して無くしてしまうわけではありません。肌表面の角質はひとつひとつタイルがつながって、1枚の皮膚になっています。そのタイルのつながりを柔らかくするのがこの「分解酵素」です。
そのため、酵素洗顔料で洗顔するときは優しくマッサージしてあげることでその結びつきを解いてあげることで滑らかな肌に近づけます。

酵素洗顔後のスキンケア

酵素洗顔は使用した後のスキンケアもとても重要です。しっかりおさえて、酵素洗顔をマスターしよう!

乾燥はすぐに始まる!化粧水で保湿しましょう

酵素洗顔料を使用した後は、しっかりと保湿をしましょう。普段のスキンケアよりも高保湿な化粧水や、乳液などの保湿剤も使用することがおすすめです。
美容液も使用したら、次の日の朝からきっと違いを感じられるはずです・・・!

朝の酵素洗顔はビタミンCで紫外線対策

酵素洗顔を朝行うときはビタミンCを含んだスキンケアがおすすめです。
また、日焼け止めの前にビタミンCのスキンケアを行うことで肌にシミやシワができる前に予防することができます。
※L-アスコルビン酸濃度が強すぎる場合や商品によっても異なるため、お使いの商品の説明も必ずご参照ください。

【毎日使える】お肌に優しい、お米由来の酵素洗顔パウダー デイリーマイクロフォリエント

デイリーマイクロフォリエント
  • 容量 / 値段 74g / 9,020円(税込)
  • 使用可能期間 約6ヶ月(1日あたり約50円)※1日1回の使用で算出
  • 特徴 米ぬかエキス、サリチル酸配合の酵素洗顔パウダー(角質ケア洗顔料)。お米由来酵素が余分な角質を取り除き、滑らかな手触りの肌に。肌に負担をかけすぎないので、毎日お使いいただけます。

使い方:洗顔後、濡れた手のひらに小さじ一杯分の量をとり、水を2~3滴加え、両手でこすり合わせます。 
スクラブが少し残るくらいのペースト状にし、目回りをさけ、お顔全体になじませ、約1分間らせん状に優しくマッサージします。
その後ぬるま湯で充分に洗い流します。

前の記事 今さら聞けない!フェイスパックの正しい使い方
次の記事 敏感肌に特化したスキンケアで健康的な肌を目指す方法