SPF, PAなど日やけ止めの紫外線防止効果について、教えてください。

地上に到達する紫外線は、UVA波とUVB波があります。 

UVAは「老化光線」としても知られ、最も長い波長を持ち、肌の奥深くまで届きます。 皮膚がんを引き起こすだけでなく、しわや過剰な色素沈着の原因でもあります。

UVBは「日やけ光線」としても知られ、波長はUVA波より短く、肌を「赤く」させたり「黒く」させたりします。

UVA波もUVB波も皮膚がんの原因となるので、両方の紫外線から肌を保護する日やけ止め、つまりブロードスペクトラム(SPF値が30以上で、PA値が++以上のもの)をつけることが、非常に大切と言われています。

ダーマロジカの日焼け止めは全て、SPF値30以上、PA+++以上の紫外線防止効果を持っています。