【お詫び】一部日やけ止め製品のPA値表記について

お客様各位

いつもダーマロジカ製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、この度弊社で販売しているダーマロジカの一部日やけ止め製品の表記に不適切な点がございましたので、その件につきましてお詫び申し上げるとともに、詳細情報並びにご対応方法につきましてご案内申し上げます。

まずは、ご不便をおかけして誠に申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

日本化粧品工業連合会の自主基準では、「PA値」の決定には国際基準「ISO24442」に基づく試験により求められたUVAPF(PA値の決定の基準となるUVA防止効果の指数)を用いると定められております。しかしながら、一部の日やけ止め製品については、「ISO24442」ではなく、「ISO24443」に基づく試験しか行っていなかったということが、社内調査により判明いたしました。

この件につきまして、外部の薬事法務の専門家の見解を伺ったところ、「日本化粧品工業連合会の規定は【自主基準】に過ぎない。しかしながら業界の基準から逸脱しているのは事実」とのことでした。

これを踏まえまして、弊社では以下の対応を取らせていただきます。

  • 製品リーフレット、公式サイト(楽天・Amazon含む)からの対象商品の「PA値」の削除
  • 成分ラベルに「PA値」の表記がある製品へのラベル表記の是正。
  • 対象製品を過去にお買い上げのお客様で、今回のことを受けて製品のご返品をご希望のお客様からのご返品を承ります。(公式オンラインショップ、公式楽天ストア、公式Amazonストア等公式ストアでのご購入の方に限ります。)

尚、対象となる製品は以下の通りです。

ダイナミックスキンR SPF50

ソーラーディフェンスB SPF50

ダーマ ピュア ライト SPF50

AGEディフェンスキット

尚、今回「ISO24443」に基づく試験結果により設定したPA値は、日本の基準には適合していない試験方法で得られた数値はございますが、試験自体は国際基準に則った方法であり、EUではUVA防止効果の指数の算出方法として正式に採用されている方法であります。そのため、日本の基準である試験方法で得られる結果と大きな乖離はないと考えております。

今回のことは、試験方法の確認漏れと、ラベル作成段階での社内チェック体制の不備にあったと認識しております。そのため、今後はこのようなことがないよう社内のマニュアルの改善及びチェック体制の強化を行い、再発防止に努める所存です。この度は、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。重ねてお詫び申し上げます。今後ともダーマロジカを何卒よろしくお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先

ダーマロジカ カスタマーサービスセンター

0120-773-346 (平日 9:00~17:00)

お問い合わせフォーム: https://dermalogica.jp/contact/

=============================

ダーマロジカ公式オンラインショップ