コンテンツにスキップ
LINE登録でお得な情報GET!
LINE登録でお得な情報GET!

アレルギーによる肌荒れがある!?季節別スキンケアで対策しよう

アレルギーによる肌荒れがある!?季節別スキンケアで対策しよう

時期が来ると訪れる肌荒れに悩んでいませんか? もしかしたらそれは、アレルギー性の肌荒れかもしれません。季節に応じたスキンケアを行うことで、一年中美肌を保てるようになるのです。今回は、シーズン別スキンケア方法について紹介していきます。

アレルゲンが原因で肌荒れが引き起こされる仕組み

まず知っておきたいのは、肌荒れの原因が『アレルゲン』の可能性があるということです。どうしてアレルギーで肌荒れが引き起こされるのか、さらに、実は厄介な季節性アレルゲンについても解説していきます。

どうしてアレルギーで肌荒れになるの?

アレルギーと聞いて最も想像しやすいのが、ハウスダストによるくしゃみや鼻水ではないでしょうか。これは、アレルゲンになる物質が体に入り、免疫が働いて異物と判断し、対応しようと反応を起こすことで引き起こされている状態だといわれています。

そして目や口、鼻からではなく、アレルゲンは皮膚から侵入することも。すると、炎症反応が起きて肌荒れとなる場合があるのです。

季節性アレルゲンにも注意が必要

花粉やカビ、ほこり、ハウスダスト、PM2.5 などの「ある特定の時期や場所」だけに飛散するアレルギーで肌荒れを引き起こす場合もあります。

アレルゲンが肌に付着すると炎症などを引き起こし、肌に赤みが出たり、通常のスキンケアが合わなくなったりといった症状に発展する可能性も考えられます。
特定の時期だけに肌荒れが起こる方は、その時期のスキンケアを間違えると、肌荒れが促進される可能性も考えられるので注意をした方がいいかもしれませんね。

【シーズン別】注意すべきアレルゲンとスキンケア対策

頬にニキビのある女性の横顔(イメージ)

肌荒れは、美しい肌を保ちたい女性にとっての大敵です。シーズン別に注意すべきアレルゲンと、それに対するスキンケアの対策を紹介します。当てはまる方は、症状が出る前にスキンケアをチェンジするのが予防になるためおすすめです。

春と冬は乾燥に注意!刺激の少ないスキンケアでケアを

春といえば、やはり花粉の季節ですよね。目がかゆくなったり、鼻水が出たりと困ってしまう人も多いのではないでしょうか。一方で冬は、肌が乾燥しやすくなり、かさつきがではじめることもよくある肌傾向といえるでしょう。

また新年度や年度末というのは、環境の変化が起こることから、疲労やストレスがかかりやすいですよね。そうした背景からも春と冬は、敏感肌になりやすい季節といわれています。
そのため春と冬のスキンケアは、刺激の少ないものに変えて、保湿をしながら肌を優しくいたわるのがおすすめです。

夏と秋は肌ダメージに注意!タイプに合わせた念入りなケアがオススメ

夏と秋は、紫外線の増加による肌ダメージが深刻だとされています。こうした夏と秋のダメージケアを常に行っておくことで、冬と春に肌荒れを引き起こしにくくなると期待できるでしょう。また、動物の毛のアレルギーが出やすいのもこの時期。これも、肌に影響することが予想されます。これを予防するためにも、こまめな掃除を心がけることも大切なのではないでしょうか。

【夏のダメージケア】

夏は、さっぱりタイプでクールダウンさせつつ、保湿ケアを重視することがおすすめです!

【秋のダメージケア】

秋は夏のダメージをケアできるよう、ハリのアップを意識した特別ケアをプラスすることをおすすめします!

敏感に傾いた肌のためのスキンケア

ここからは、敏感肌でも使用できるやさしい使い心地のスキンケア商品を紹介します。季節性アレルゲンや、日ごろの肌荒れに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

肌にやさしいジェル・クリーム洗顔【UC クレンザー】

洗顔料_UCクレンザー

【商品名】UC クレンザー
【タイプ】洗顔料
【このようなお悩みの方におすすめ】乾燥肌 / 敏感肌

UC クレンザーは、 敏感に傾きやすい肌をケアしながら、清潔な肌へ整えます。

弱酸性のジェルタイプ洗顔で、肌を優しく洗い上げてくれるでしょう。カモミールの花から得られる精油成分であるビサボロールのおかげで抗炎症・抗アレルギー効果が期待できます。

拭き取り洗顔としての利用も可能です。

UCクレンザーの商品詳細はこちら >>>


健やかな肌に導くシルクのような美容液【UC セラム コンセントレート】

 美容液_UCセラムコンセントレート

【商品名】UCセラムコンセントレート
【タイプ】洗顔料
【このようなお悩みの方におすすめ】乾燥肌 / 敏感肌

濃縮された美容成分が、敏感に傾きやすい肌をケアします。肌に集中的にうるおいを補給し、様々な外的要因から肌を守ります。

UCセラムコンセントレートの商品詳細はこちら >>>


アレルギーによる肌荒れはスキンケアで予防しよう

洗顔でスキンケアをしている女性

なかなか肌荒れが治らない場合は、季節性の敏感肌になっていないかチェックしてみましょう。もしアレルギー性の肌荒れが心配ならば、スキンケアの見直しが必要かもしれません。


ただし、アレルギー症状がひどい場合には、病院への受診も検討してくださいね。

またアレルギーによって引き起こされる敏感肌は、正しいスキンケアを行うことで予防できます。一年を通して美しい肌でいるために、美容液やメイク落としにも気を配りましょう。

【公式LINE】で相談する

 友だち追加

ダーマロジカではお客様を健康的な素肌に導くため、LINEで相談窓口を設けております。

こちらでは

  • どの商品を選んだらいいのか分からない
  • どの順番で使えばいいのか分からない
  • どのように使用したらいいのか分からない

などのお悩みをヒアリングしながら、おすすめの商品や使用方法を伝えさせていただいております。

是非こちらからLINEお友達登録をして、スキンケアのお手伝いをさせてください。

前の記事 UVカット効果のある化粧下地の役割と使用するメリットとは?
次の記事 花粉症は肌荒れにつながる?おすすめのスキンケア方法と商品を伝授