コンテンツにスキップ
新規会員登録で1000ポイントプレゼント!
新規会員登録で1000ポイントプレゼント!

欲しいのは
うるおいを"逃さない"肌

うるおいの持続性さらに進化

8,000円(税込)以上で
送料無料

通常商品は8,000円(税込)以上
定期お届けコースは対象商品が全て送料無料

サンプルでお試し

手軽に試せるサンプルセット
を多数ご用意

安心の返品・交換

14日間の満足保証実施中

会員でお得に
ショッピング

会員になるとポイントが
貯まってお得(登録無料)

ピックアップカテゴリー

NEW!!

ポイントプログラム

ダーマロジカ公式オンラインショップで会員登録をし、
お買い物いただくとご購入金額に応じてポイントが貯まるプログラムです。
詳しく見る

スキンケアブログ

  • メンズも健康的な肌を手に入れよう! 洗顔の重要性とおすすめ洗顔料
    メンズも健康的な肌を手に入れよう! 洗顔の重要性とおすすめ洗顔料

    メンズも健康的な肌を手に入れよう! 洗顔の重要性とおすすめ洗顔料

    「健康的な肌を手に入れるためにはメンズも洗顔は欠かしてはいけない」。でも、どうやって始めればいいのか分からないし、どんな商品がおすすめなのかも分からないという方もいるでしょう。そんなメンズの皆さんに、今回はメンズにおける洗顔の重要性と、おすすめの洗顔料の選び方を紹介します。さらによくある質問も解決して、健康的な肌への近道をご提供します。 これで、健康的な肌への近道は開けます! メンズにおける洗顔の重要性 男性は洗顔を軽視しがちな傾向にありますが、洗顔のルーティンを維持することは、健やかで若々しい見た目の肌を維持するために欠かせません。定期的な洗顔や保湿は、ニキビを予防し、シワの深さを減らし、肌の色調や質感を改善するのに役立ちます。本記事では、男性における洗顔の重要性について詳しく説明します。 メンズ洗顔料の種類 男性向けの洗顔料は最近では、様々なタイプが提供されるようになりました。肌の種類に合わせて選べるようになり、選択肢が広がっています。そんな男性向けの洗顔料の種類について詳しく説明します。 フォームタイプ洗顔料 洗顔フォームは、泡立てるタイプの洗顔料で、泡で肌表面の汚れを落とすことができます。洗顔フォームは、毛穴の開きが激しい男性や、毛穴詰まりが気になる男性におすすめです。洗顔フォームは、毛穴をきれいに洗浄することで、肌のトーンアップやブライトニング効果があります。 ジェルタイプ洗顔料 洗顔ジェルは、水っぽい液体タイプの洗顔料で、小さい細かな泡で優しく汚れを落とすことができます。(泡立たないタイプもあります。)肌に刺激を与えずに清潔にすることができるため、肌が敏感な男性や肌が乾燥する男性におすすめです。また、洗顔ジェルは洗顔後の肌を乾かすことなく、保湿効果もあるためひげ剃りなどなどで痛みやすい肌にもおすすめです。さっぱりとしたベタつかない感触も男性からよく好まれます。 クリームタイプ洗顔料 洗顔クリームは、クリーム状の洗顔料で泡立てることなくそのまま洗顔でき、肌に潤いを与えながら汚れを落とすことができます。そのため乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。ジェル洗顔よりももっちりしているので感触は重たいですが、乾燥や敏感性が特に気になる方にはこちらがおすすめです。 クレンジングオイル 洗顔オイルは、油状の洗顔料でメイクを落とすクレンジングオイルを想像していただけるとわかりやすいと思います。クレンジングオイルと聞くとメンズで化粧していないから必要ないよ!と思われる方もいるかもしれません。しかし油性の汚れを吸着することで、毛穴をきれいに洗浄することができ、肌のトーンアップやブライトニング効果があります。毛穴詰まりやニキビに悩む男性におすすめです。また、肌に油分を補給することで、肌の乾燥を防ぐことができます。 クレイタイプ洗顔料 クレイタイプ洗顔料は、クレイやチャコールを使用して肌の過剰な皮脂を吸着して落としてくれる洗顔料です。吸着するためパックのように肌に乗せて少しの時間放置するものが多いです。皮脂が多い方におすすめのさっぱりできる洗顔料です。 メンズの肌タイプに合った洗顔料の選び方 肌タイプにあった洗顔料を選ぶことはとても重要です。肌に適した成分を使用することができ、肌のバランスを保つことができます。 例えば、脂性肌には油分を取り除くための成分が必要です。乾燥肌には保湿力の高い成分が必要です。敏感肌には刺激の少ない成分が必要です。 肌に合わない成分を使用すると、肌のバランスが崩れ、乾燥や脂っぽさ、敏感等の肌トラブルを引き起こすことがあります。正しい洗顔方法と適切な洗顔料の選び方は健やかな肌を保つために重要です。 ある程度商品を絞ることができたら、まずはサンプルなどを試してみることも重要です。 また肌質は常に変わりうるものです。その時々の肌の状態に合った洗顔料を選ぶことで肌を健やかに保つことができます。ダーマロジカのフェイスマッピングを使用することで常に自分の肌の変化を把握することができます。1ヶ月に1度チェックするのがおすすめです。  参考:ダーマロジカフェイスマッピング 脂性肌 ジェルタイプの洗顔脂性肌を整え、毛穴を清潔に保つことができます。さっぱりしているので、ベタつきが苦手な方におすすめです。 クレイタイプ洗顔料クレイには皮脂を吸着する特徴があります。過剰に皮脂が出ている脂性肌のメンズにはまず試していただきたい製品です。 皮脂を制御する成分を含む洗顔料皮脂の制御に効果的な成分を含む洗顔料を選ぶことが重要です。例えば、サリチル酸、ビタミンCが肌の角質層を刺激、活性化させることで皮脂抑制を期待できるとされています。 皮脂分泌を抑える成分を含む洗顔料脂性肌は皮脂分泌が旺盛なため、皮脂分泌を抑える成分を含む洗顔料を選ぶことがおすすめです。例えば、紫外線や環境ストレスによる脂肪分泌を抑える成分、マット効果を与える成分などがあります。 乾燥肌 保湿力の高いクリームタイプの洗顔料乾燥肌には、保湿力の高いクリームタイプの洗顔料を選ぶことがおすすめです。 オイルベースの洗顔料肌に必要な油分を補うために、オイルベースの洗顔料も選ぶことができます。 乾燥を防ぐ成分を含む洗顔料乾燥を防ぐ成分を含む洗顔料を選ぶことが重要です。例えば、グリセリン、ビタミンE、ナイアシンなどがこれに該当します。 皮膚バリアを強化する成分を含む洗顔料乾燥肌は皮膚バリアが弱っているため、皮膚バリアを強化する成分を含む洗顔料を選ぶことがおすすめです。例えば、セラミド、グルコサミンなどがこれに該当します。 敏感肌 無香料・無着色の洗顔料香料や着色料は肌の刺激になる可能性があるため、避けるべきです。 低刺激性の洗顔料pHバランスが肌に近い中性のものを選ぶことが重要です。 石鹸ベースの洗顔料は避けるべき石鹸は洗浄力に優れますが、その分乾燥を引き起こし、敏感肌を刺激する可能性があるため、避けるべきです。 植物性成分を含む洗顔料肌に優しい植物性成分を含む洗顔料がおすすめです。 普通肌 普通肌の方は油分と水分のバランスが取れているため、洗浄力が強すぎない洗顔料で毎日、しっかりと洗顔することが重要です。...

    今すぐ読む
  • 洗顔料の基本的な使い方や商品の選び方
    洗顔料の基本的な使い方や商品の選び方

    洗顔料の基本的な使い方や商品の選び方

    毎日の美容やスキンケアにおいて、洗顔料は欠かせないものです。ですが、本当に自分に合った洗顔料を選んでいらっしゃいますか?肌に合わせた洗顔料の選び方や、使い方についてお悩みではありませんか? 今回は、洗顔料の基本的な使い方や商品の選び方について、皆さんにお伝えしたいと思います。肌を健やかに保つために、是非参考にしていただければと思います。 洗顔料の基本的な説明 洗顔料とは、皮膚を清潔に保つために使用するスキンケア製品のことを指します。洗顔料は、化粧品や汚れ、油分、老廃物などを取り除いて、肌を清潔で柔らかい状態にすることができます。 洗顔料は、肌質や年齢、男女問わず幅広い層で使用されており、スキンケアに必要不可欠な製品とされています。洗顔料は、石鹸やクリームタイプ、ジェルタイプなどさまざまなタイプがあります。肌に合わせて、適切なものを選ぶことが大切です。 洗顔料を使う目的 洗顔料を使用する目的には次のような項目が挙げられます。 肌を清潔にする 化粧品や汚れ、油分、老廃物などを取り除くことで、肌を柔らかい状態にすることができます。 肌に栄養を与える 洗顔料には、肌に必要な栄養成分が含まれていることがあります。これらの成分を与えることで肌を清潔にすると同時に、栄養を与えることで健やかに保つことができます。 肌を整える 洗顔料を使用することで、肌が乾燥や赤ら顔を起こしにくくなり、肌を整えることができます。  肌に若々しい見た目を与える 洗顔料には、エイジングケア成分※が含まれていることがあります。これらの成分を肌に与えることでツヤやハリを与えることができるので肌に若々しい見た目を与えることができます。※年齢に応じたケアのこと  洗顔料の種類 様々な肌の特徴の方が選べるように洗顔料も様々な種類が展開されています。まずは洗顔料の種類とそれぞれの特徴を把握しましょう

。参考:ダーマロジカの洗顔料一覧 石鹸 石鹸は、洗浄力が強くコストパフォーマンスに優れ、また環境にやさしいという側面もあります。泡立ての必要性があることや洗浄力の強い界面活性剤が肌の刺激になる場合があります。しかし最近ではオリーブオイルなどを基にしたものもあるためしっとりと潤いを与えることができます。  クリームタイプ洗顔料 クリームタイプ洗顔料は、肌に優しくしっとりと塗布されるクリーム状の洗顔料です。油分をたっぷり含んでいるため、乾燥した肌や敏感肌に向いているタイプです。 ジェルタイプ洗顔料 ジェルタイプ洗顔料は、水で溶けるジェル状の洗顔料です。汚れをやわらかく浮かせることができます。洗い上がりが清潔感のあるタイプで、脂性肌や汚れが気になる肌に向いているとされています。水を加えて泡立てるタイプのジェル洗顔料もあるため、使用方法をしっかりと確認して使用してください。 フォームタイプ洗顔料 フォームタイプ洗顔料は、そのまま泡で出てくるタイプの洗顔料です。比較的清潔感があります。もともともっちりとした泡が出てくるので、泡立てる手間がなく、濃密な泡で汚れをしっかりと落としてくれるタイプです。 クレイタイプ洗顔料 クレイタイプ洗顔料は、クレイやチャコールを使用して肌の過剰な皮脂を吸着して落としてくれる洗顔料です。吸着するためパックのように肌に乗せて少しの時間放置するものが多いです。皮脂が多い方におすすめのさっぱりできる洗顔料です。 洗顔料の選び方 現在お使いの洗顔料が自分の肌に適切なのかわからない?もっといい商品があるのではないか?
と考えたことは誰しもあると思います。自分の肌に合った洗顔料を選ぶことは意外に複雑です。さまざまな要因があるので、以下を考えながら洗顔料の選び方をしっかりと考え、肌に合う洗顔料を使用することで、肌を健やかに保つことができるでしょう。 年齢に合わせた洗顔料を選ぶ 年齢によって肌の内側の状態は変化するため、ハリや水分量など色々と変化します。まずはその特徴と各年代に合ったケアをご紹介します。 10代から20代 10代から20代は肌の変化が激しい時期です。このような時期には、肌が敏感になりすぎないように気をつけることが大切です。おすすめの洗顔料は、肌に優しい泡立ちのよい洗顔料や、保湿力があるクリームタイプ洗顔料です。また、毛穴の開きやニキビが気になる場合は、角質をやわらかくする酵素洗顔料も選びやすいです。  20代後半から30代前半 この年齢層の方は、肌が若々しく弾力を持っているため、肌質を崩さずにpHのバランスを調整する洗顔料が適しています。泡立ちのよい洗顔料や、油分をやわらかく浮かせるジェルタイプ洗顔料がおすすめです。 30代後半から40代前半 この年齢層の方は、肌のコラーゲンが少なくなったり、年齢に応じたケアが必要になったりする場合があります。肌質を崩さずに、エイジングケア※効果のある洗顔料を選ぶことがおすすめです。  ※年齢に応じたケアのこと 保湿成分や、肌を引き締める成分が含まれたクリームタイプ洗顔料や、肌のpHバランスを崩さずに潤いを与えるジェルタイプ洗顔料が適しています。  50代以降 50代以降には、肌のエイジングが進み、肌質や構造が変化することがあります。このような場合には、肌を引き締めたり、肌の水分を補充したりする洗顔料がおすすめです。...

    今すぐ読む
合成着色料・
合成香料不使用

ダーマロジカの製品は、1986年の創業当時から一貫して合成着色料、合成香料、鉱物油、ラノリン、変性アルコール、パラベン、マイクロプラスチック不使用です。

ヴィーガン認定

ダーマロジカの製品は、一部を除き、すべての製品がヴィーガン認定を受けています。

動物実験非実施

ダーマロジカの製品は「Cruely-free(動物実験非実施)」であると、PETA(米国のアニマルライツ運動団体)から認定を受けています。

Instagram