コンテンツにスキップ
LINE登録でお得な情報GET!
LINE登録でお得な情報GET!

スキンケアブログ

  • レチノールって何?その効果や始め方を解説!
    レチノールって何?その効果や始め方を解説!
    2022/11/25

    レチノールって何?その効果や始め方を解説!

    レチノールとは? 『レチノール』という成分、みなさんご存知でしょうか。TwitterやInstagramなどで近年頻繁に聞く機会が増えたように感じます。 「皮むけする」「シワにきく」など色々なことが書かれていますが、一体この成分はどのようなものなの?自分は使ったほうがいいの? こういった疑問点を解消するために今回記事を書かせていただきました。   レチノールの効果は? レチノールがこれだけ最近注目を浴び始めた理由の一つに2017年に厚労省で医薬部外品としてシワ改善効果が挙げられると思います。 ではなぜこのレチノールにはシワを改善する効果があるのでしょうか? 肌が分厚いとシワが目立ちにくい? 肌が分厚いというと、古い角質が溜まっている状態を想像される方が多いかもしれませんがこれには注意です。 確かにターンオーバーという肌の新陳代謝は老化とともに遅くなっていき、それに従って古い角質は溜まりやすくなります。しかし肌の内側である真皮層ではコラーゲン、エラスチンという肌の弾力を支える成分が減少していきます。すると表皮細胞の機能も低下することで表皮も薄くなります。 レチノールは表皮を厚くしてくれる レチノールはビタミンAです。ビタミンAは活性酵素を抑える抗酸化ビタミンです。 私たちの体は酵素を利用することで活性酵素の働きを抑えることで、老化やしみ、シワを予防することができます。しかし老化とともに酵素の量が減ってしまうのでビタミンAなどのレチノールのような抗酸化ビタミンが必要です。 レチノールは表皮細胞に分裂を促す働きを持っており、それによって表皮が厚くなります。すると表皮の凹凸が目立ちにくくなるため、シワが見えにくくなるというわけです。 レチノールは肌トラブルにも働きかける 細胞の分裂を促す効果をもつ(ターンオーバーを促進する)ことから、肌に溜まったメラニン(シミ)を排出することが期待できます。 また炎症を抑える効果も持つため、ニキビなどにも有効とされています。   効果が出るまでの期間 レチノールを使用してから効果が出るまでには1ヶ月ほどの期間を要すると考えられています。これはターンオーバーが平均28日ほどであることと関係していると考えられます。 レチノールは不安定な成分? これまでみているとレチノールは万能の成分に見えますが、実は不安定ということでもよく知られています。 レチノールは酸化しやすい レチノールは熱や光に対して不安定をいう特徴を持ち合わせています。そのため使い始めたら、用法容量をしっかりと守って使い切ることをおすすめします。 レチノール誘導体は安定性が高い 化粧品に含まれるレチノールは『パルミチン酸レチノール』や『ビタミンA誘導体』という安定性が高い状態で配合されています。 これらは医薬部外品や皮膚科で処方されるレチノールより作用が極めて弱くなりますが、皮膚内で分解されることで最終的に肌に作用します。 レチノールには副作用がある?(使用上の注意) 『A反応』『レチノイド反応』『皮むけ』などの名前でレチノールのデメリット、副作用はよく語られますが一体何なのでしょうか? またレチノールを使用するに当たって気を付ける点もあるのでご確認ください。 レチノールのA反応とは? ビタミンAは私たちの体の肝臓に蓄えられるのと同様に、お肌にもビタミンAが蓄えられます。 このビタミンAの量が不足しているとターンオーバーが遅れます。このターンオーバーが遅れている状態にレチノール(ビタミンA)を取り入れると、急にターンオーバーが始まるので突然皮向けが起こり、これをA反応といいます。 初心者のレチノールの使い方 A反応による皮むけは悪いものではありませんが、突然始まることでメイクノリが悪くなったり、皮が剥け落ちて見た目が悪くなったりという状態にもなります。 そのため初めての方は濃度が低い、化粧品の『パルミチン酸レチノール』などから始めて徐々に『頻度を上げる』『濃度を上げる』などしていくと皮むけしにくくなります。 またレチノールを使用しているからといって、必ずしも『肌トラブル=A反応』というわけではありません。 肌荒れがひどかったり、長引いたりしている場合はすぐに皮膚科に相談するようにしてください。 レチノールと一緒に取り入れたい成分...

    今すぐ読む
  • ひどい首のシワはスキンケアで対策?化粧品と習慣で始めるネックケア
    ひどい首のシワはスキンケアで対策?化粧品と習慣で始めるネックケア
    2022/11/8

    ひどい首のシワはスキンケアで対策?化粧品と習慣で始めるネックケア

    スキンケアで意外と見落としがちなのが、首元。スキンケアを丁寧にしているとお顔の肌が整います。すると皮肉なことに首のシワや首元と顔の明度の差が目立つ…   そんな方に向けて、首元のシワの原因とその対策方法についてご説明いたします。  年齢を重ねると首のシワが気になる  顔でもそうなのですが年齢に比例して、老化によって乾燥やシワが気になるように首元でも線が入る、シワが伸びにくい、ハリがなくなるというようなことが起きます  シワにも種類がある?まずは首元シワの原因を理解しよう!  首元のシワは大きく分けて2種類あります。『横ジワ』と『縦ジワ』です。  横ジワ 説明:同じ場所にシワがよることでできる 原因:枕、姿勢など  縦ジワ 説明:乾燥、筋肉の衰え、コラーゲンの減少 原因:老化  横ジワの原因  横ジワは首が曲がることによって物理的にできるシワのことを指し示します。  特に就寝時の枕の高さや、猫背などの習慣は何度も同じ部分に折り目を入れるためシワとして残りやすいです。  縦ジワの原因  縦ジワは年齢とともにコラーゲンや筋力が減少することによってできるとされています。  内側からの働きかけは難しいですが、スキンケアと同様に乾燥対策をすることでアプローチすることができます。  自分で対策できる?少しずつ始める首元ケア  スキンケアと異なって、首元のケアをしている人が少ないからかなかなか対策をすることが難しいように思えますが毎日のちょっとした習慣で対策することができます。  化粧品でできる首元ケア  今お使いの化粧品から、首元専用美容液をはじめとした首元ケア用品を使用することで首元のシワにアプローチすることができます。  『全顔+首元』で行う毎日のスキンケア  毎日行っているスキンケアを首元まで行うように心がけましょう。首元を保湿することは有効なアプローチです。   洗顔するのと同様に、首元はボディーソープで洗っていると思います。首元のケアはいかがですか?保湿されていますでしょうか?  何か特別に首元に行うというよりは、『化粧水』『美容液』『保湿剤』を顔に塗ったついでに、手に残った化粧品を『首元』『デコルテ』まで広げて塗ってあげましょう。  ちょっとしたケアでもしっかりと変化が訪れるはずです。  紫外線は首元でも大敵!日焼け止めで首元シワをしっかり予防  紫外線でメラニンが排出され、シミになることはよく知られていますが、コラーゲンを破壊してシワの原因を作ることはご存じでしょうか?  これは顔だけにとどまらず、もちろん首元でも起きます。日焼け止めは顔だけでなく首元、特に髪の毛で隠れやすい『首の後ろ』、襟足の部分は盲点になりがちなので意識的に塗布することをおすすめします。  シワに効果的とされる有効成分『レチノール』を含んだ医薬部外品を使用  シワの肌悩みに対して注目されているのが『レチノール』という成分。これは肌のヒアルロン酸の生成を促進することができるとされています。ヒアルロン酸は水分保持を得意とする成分であるため、これが増加することによって肌のハリが出すことができるという原理です。  この『レチノール』という成分は熱や光に弱く、安定しにくい成分とされています。そのためレチノール製品は『パルミチン酸レチノール』などの安定化させた成分を含むものが多くなっています。   首元専用美容液を使用して首元を徹底ケアする!  普段のスキンケアやシワに有効な成分を使用することはもちろんですが、もっとしっかりアプローチしたという方には首元専用に作られた美容液やクリームがおすすめです。  マッサージや習慣から始める首元ケア  横ジワは首が曲がる『癖』によってできたものなので、首を曲げた姿勢や枕の位置を正すことで補正することができるとされています。  『猫背』を正すと『首元シワ』が緩和される!?  『猫背』や『スマホ首』(ストレートネック)が問題です。スマートフォンなどを見るときに無意識に体と共に、首も曲がっていませんか?   首を日常的に曲げた状態で固定する時間が長いと、物理的に首の皮膚に折り目をつけていることになるので時間と共に『横ジワ』が明瞭になっていきます。  まずは日常のどんなときに首が曲げる習慣をとっているのか意識することで、少しずつ対策して、緩和できます。具体的には下記が挙げられます。  歩きスマホを止める  肩甲骨を柔らかくして姿勢を正す  首を曲げた状態が長いほど影響が出やすいので、デスクワークで目線が下に向くような環境にある方はモニターの利用なども解決の手助けになります。  枕の位置を調整して、横ジワにアプローチ ...

    今すぐ読む
  • バスタイムの後はしっかり保湿を
    バスタイムの後はしっかり保湿を
    2022/8/19

    バスタイムの後はしっかり保湿を

    バスタイムのあとの保湿は大切 お風呂に入った後は「汗で肌が濡れているから潤っている」と勘違いしがちですが、実は水分が蒸発して乾燥しています。 入浴後はタオルで優しく水分をふき取り、なるべく早めにお肌を保湿してください。その際のポイントをいくつかご紹介します。
    今すぐ読む
  • おうち時間が長くなる中、充実したバスタイムでリラックスタイムを
    おうち時間が長くなる中、充実したバスタイムでリラックスタイムを
    2022/8/19

    おうち時間が長くなる中、充実したバスタイムでリラックスタイムを

    しっかり湯船につかった後に、体がスーっと軽くなった気分を味わったことはありませんか?それは体を洗って汚れを落とすことでキレイになるからだけではありません。 湯船につかることで体の中への効果も大きく作用しています。今回はバスタイムを充実したリラックスタイムにするための入浴による効果をご紹介します。
    今すぐ読む
  • エイジングケアには美容液が欠かせない!ケアにプラスして美肌を手に入れる
    エイジングケアには美容液が欠かせない!ケアにプラスして美肌を手に入れる
    2022/8/18

    エイジングケアには美容液が欠かせない!ケアにプラスして美肌を手に入れる

    エイジングに伴う肌の悩みを改善したいなら、悩みに合わせた有効成分が入ったエイジングケア美容液を活用するのが大切です。 年齢を感じる肌への変化に対応するため、自分に合ったエイジングケア美容液を用意して、エイジングケア用美容液で美肌力をキープしましょう。 そこで今回は、エイジングケア美容液の特徴と使い方、さらにはダーマロジカおすすめのエイジングケア美容液をご紹介します。
    今すぐ読む
  • ビタミンCは飲むより肌につける?!ビタミンCコスメをセレクトしよう
    ビタミンcは飲むより肌につける?!ビタミンcコスメをセレクトしよう
    2022/8/18

    ビタミンCは飲むより肌につける?!ビタミンCコスメをセレクトしよう

    優れた美容効果が期待できることから、コスメの中でも大きな注目を集めている「ビタミンC」。とはいえ、ビタミンCが何にどう効くのかは正直よく知らない、という人も多いのではないでしょうか。 また、ビタミンCというと、レモンなどで「飲むもの」と思っている方もいらっしゃることでしょう。しかし、ビタミンCは飲んでも効果が薄く、肌に直接塗ったほうが効果的だといいます。 そこで今回は、効果的に肌へ浸透させるといわれる「ビタミンC美容液」の効果と、おすすめのビタミンC化粧品をご紹介します。
    今すぐ読む