コンテンツにスキップ
LINE登録でお得な情報GET!
LINE登録でお得な情報GET!

乾燥肌に優しい洗顔のポイントと洗顔料の選び方

乾燥肌に優しい洗顔のポイントと洗顔料の選び方

乾燥肌をケアする上で、外的刺激を取り除く洗顔はとても大事なスキンケアの基本ステップです。ただし、よかれと思って行っている洗顔が、肌への刺激、負担となっていることもあります。その原因として考えられるのは、「洗顔方法と洗顔料による肌への影響」。

そこで今回は、乾燥肌に優しい洗顔方法と洗顔料選びのポイントをご紹介します。

【脱・乾燥肌!】正しい洗顔のポイント

洗顔後、肌がつっぱるような感覚や、ピリピリとした刺激を感じたことはありませんか?

洗顔後はこのような乾燥を感じやすいことから、肌が乾燥しやすい方のなかでは「洗顔回数を減らそう」という間違った認識を持つ方も少なくはありません。

しかし、乾燥肌を予防するためにも、さらに乾燥しやすい肌を悪化させないためにも、洗顔はとても必要なのです。

乾燥肌にとって、洗顔が必要な理由

生活をしていると、肌にはホコリやアレルゲンといった、刺激となる汚れが付着します。これは外にいる時に限らず、室内にいても、寝ているときでも付着する可能性があるでしょう。そして洗顔は、これらの外的刺激となる汚れを取り除く大事な役割を持っているのです。

一方で肌が乾燥していると、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下している可能性も考えられます。そのため洗顔が不足していると、肌に付着した外的刺激からの影響をみすみす受け入れてしまうことにもなるでしょう。

ただし、乾燥肌にとっての外的刺激は、生活で付着するものばかりではありません。バリア機能が低下している乾燥肌は、洗顔やスキンケアで発生する摩擦でも、肌がダメージをうけやすい状態になっているのです。そのため、肌に優しい洗顔を行う必要があると考えられます。

肌に優しい洗顔手順とポイント

 泡立てた洗顔料を顔に塗布する女性

肌に優しい洗顔を行うためにも、次のようなステップとポイントを心がけましょう。

1.清潔な手とぬるま湯で予洗い
まずは手を洗い、清潔にします。その後、「35℃程度のぬるま湯」で、表面の汚れを予洗いします。この際、こすらず、お湯で洗い流すことがポイントです。


また顔につけるお湯は、熱すぎると、皮脂をとりすぎたり、肌の刺激につながったりすることがあります。さらに冷たすぎる水もまた、肌に負担をかけることなることでしょう。だからこそ「ぬるま湯」にこだわってくださいね。

またシャワーを直接顔にあてるのも刺激になる可能性があることから、必ず手に取ったぬるま湯で洗うことがおすすめです。

2.洗顔料を手に取って、円を描くように優しく洗う
洗顔料を適量手に取ってから、円を描くように洗いましょう。この際、肌が動かない程度の優しい力で、手を滑らせることが大事なポイントに。ゴシゴシと強くこすってしまうと、肌に摩擦を与えてしまうので注意してくださいね。

泡立てるタイプの洗顔料は、しっかりと泡を作ることも重要です。

3.手に取ったぬるま湯ですすぐ
肌への刺激も考慮して、洗顔料をすすぐ際も「35℃程度のぬるま湯」で洗いながします。またこのときも、またシャワーを直接顔にあてるのは控えたほうがいいですね。必ず手に取ったぬるま湯ですすぎましょう。

4.洗顔回数は、朝晩2回程度
乾燥を避けることから、洗顔回数を控える方もいらっしゃるかと思いますが、できれば「朝晩2回」は肌の汚れを洗浄したいところ。

ただし、朝は軽めに洗い、夜はメイクや汚れを十分に落とすなど、摩擦を軽減できるよう心がけると、より肌に優しいといわれています。

このような肌に優しい洗顔は、乾燥肌への対策だけでなく、健やかな肌を守るためにも効果的です。美肌を目指す方にとって、習慣づけて損のない洗顔方法といえるのではないでしょうか。

乾燥肌に優しい、「刺激の少ない洗顔料」の必要性

 ジェル状洗顔料

ここまで、肌に優しい洗顔のポイントをご紹介しましたが、肌への刺激を与える可能性は洗顔方法だけにあるわけではありません。実は肌を綺麗に洗浄するはずの「洗顔料」にも、肌に刺激を与える可能性があるのです。

洗浄力と刺激

洗顔料のなかには、より肌の汚れを落としやすくするため、強い洗浄成分を使っているものもあります。例えば、界面活性剤の含有量が多い洗顔料。巷では界面活性剤そのものが肌に刺激を与えるものという声がありますが、これは間違いです。


肌への刺激を考えて界面活性剤の含有量と他の成分とのバランスを調整している、刺激の少ない洗顔料を選ぶことはとても大切だといえるでしょう。

また洗顔は、余分な皮脂を取り除くためにも必要なスキンケアといえます。皮脂が過剰に付着していると、ニキビや肌荒れがしやすい肌へと導かれる可能性があるため、適度な洗顔が必要です。しかし洗浄力が強すぎると、きめ細かい角質層を保つために必要な脂質まで取り除いてしまう可能性も考えられます。

つまり、単純に刺激が少ないだけでなく、洗い上げた後の肌のバランスをしっかりと考えられた洗顔料を選ぶことが大切なのです。

乾燥肌の方におすすめ!しっとり肌を目指せる洗顔料

ここまでの内容を踏まえて、乾燥肌対策には次のような条件が整った洗顔料をおすすめします。

  • 刺激が少ない、乾燥肌や敏感肌用
  • 適度に清潔を保てる
  • 肌環境のバランスを考えられている

では次に、これらの条件が整った2つの洗顔料をご紹介しましょう。

しっとり滑らかな洗いあがりに期待◎【I モイスチャークレンザー】

ダーマロジカ_保湿剤_Iモイスチャークレンザー

  • 容量 / 値段 150mL / 6,050円(税込)
  • 使用可能期間 約2ヶ月 ※1日1回の使用で算出
  • 特徴 軽い感触で、しっとりと汚れを落とし清潔な肌へ導くクリームタイプのクレンザー。うるおい成分により肌にうるおいを与えながら、不要な肌汚れを取り除き、しっとり柔らかな肌へと導きます。

使い方:①クレンジング後、1〜2プッシュ手の平に取り、濡れているお顔全体と首元になじませます。
②らせん状に優しくマッサージします。
③ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

Iモイスチャークレンザーの商品詳細はこちら >>>


このようなお悩みの方におすすめ

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

敏感な肌を優しく洗いあげる【UC クレンザー】

ダーマロジカ_クレンザー_UCクレンザー_敏感肌

  • 容量 / 値段 250mL / 5,940円(税込)
  • 使用可能期間 約3ヶ月 ※1日1回の使用で算出
  • 特徴 揺らぎがちな肌のためのゲルクリームタイプのクレンザー。敏感に傾きやすい肌をケアしながら、清潔な肌へ整えます。拭き取り洗顔としても使用できます。

使い方:①クレンジング後、100円玉くらいの量を手に取り濡れているお顔全体と首元になじませます。
②らせん状に優しくマッサージします。
③ぬるま湯でしっかりと洗い流します。朝晩お使いいただけます。

UCクレンザーの商品詳細はこちら >>>


このようなお悩みの方におすすめ

  • 乾燥肌
  • 敏感肌

洗顔から極める乾燥肌対策

乾燥肌への対策となると、ついついスキンケアばかり重視してしまいますよね。しかし、汚れや余分な皮脂、そして外的刺激を取り除くためにも、洗顔はとても大切。だからこそ乾燥肌にお悩みの方がスキンケアと同じように、洗顔にも力を入れてみてはいかがでしょうか。

乾燥肌への負担を軽減しながら清潔な肌を保つためにも、肌に優しい洗顔方法と洗顔料を選ぶことを心がけながら、乾燥肌対策の基盤となる素肌を整えましょう。

【公式LINE】で相談する

 友だち追加

ダーマロジカではお客様を健康的な素肌に導くため、LINEで相談窓口を設けております。

こちらでは

  • どの商品を選んだらいいのか分からない
  • どの順番で使えばいいのか分からない
  • どのように使用したらいいのか分からない

などのお悩みをヒアリングしながら、おすすめの商品や使用方法を伝えさせていただいております。

是非こちらからLINEお友達登録をして、スキンケアのお手伝いをさせてください。

前の記事 【乾燥肌さん必見】美肌につながる正しい「クレンジング」の必要性
次の記事 乾燥肌を徹底対策!保湿剤と生活習慣の必要性