コンテンツにスキップ
新規会員登録で、すぐに使える500ポイントプレゼント
全品ポイント10倍&送料無料キャンペーン開催中
【新発売】夏限定キットが登場
購入者全員にもれなく季節のおすすめサンプル配布中

【敏感肌におすすめのクレンジング】種類とその使用方法

【敏感肌におすすめのクレンジング】種類とその使用方法

敏感肌の方にとって、クレンジング選びはとても重要です。クレンジングには肌にとって必要な油分を取り除くものから、メイクなどの汚れだけを落とすものもあります。そのため、敏感肌の方は特に、肌に負担をかけずにメイクや汚れを落とすことができるクレンジングを選ぶ必要があります。

本記事では、敏感肌におすすめのクレンジングの種類とその使用方法をご紹介いたします。敏感肌の方で、肌トラブルや刺激を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。 

ダーマロジカミセラープレクレンズ

敏感肌におすすめのクレンジングの種類

敏感肌の方におすすめのクレンジングにはさまざまな種類があります。それぞれに特徴があるのでご自身の肌に合ったものや、お好みのテクスチャーの製品を選択してみてください。

1.オイルクレンジング

ダーマロジカ_クレンジングオイル_プレクレンズ

<特徴>

  • 毛穴の角栓や汚れ、メイク落としにおすすめ
  • 肌本来のうるおいをそのままに、肌に負担をかけない
  • 優しくマッサージしてリラックスタイムにする
  • 植物性のオイルだとアロマのような心地よい香りを感じられる

『オイル』と言っても様々な種類があります。ポイントメイク落とし、ベースメイク落としだけでなく皮脂に馴染んで肌本来の油分まで取り去ってしまうものもあります。オイルクレンジングだからOKというわけではないので、自分の用途に合ったものを選択しましょう。

プレクレンズの商品詳細はこちら >>>


2.ミルククレンジング(クリームクレンジング)

<特徴>

  • クリーム状のテクスチャーで肌にうるおいを与えられる
  • 柔らかいテクスチャーなので肌に負担をかけずにクレンジングできる
  • 肌が乾燥しやすい人にもおすすめ

 ミルククレンジングとクリームクレンジングはその見た目もテクスチャーも非常に似通っているため、同じ項目に記載いたしました。製品によって異なりますが、一般的にはクリームの方がしっとりとしており保湿力が高いとされております。

3.ジェルクレンジング

<特徴>

  • さっぱりとしたテクスチャーと洗い上がりで負担が少な
  • 簡単に洗い流せるので、時間をかけないでクレンジングできる
  • 保湿成分を含んでいるものが多く、クレンジング後もうるおいを感じることができる

4.ミセルクレンジング

ダーマロジカ_クレンジングミルク_ミセラプレクレンズ

<特徴>

  • 微粒子のミセルでメイクから毛穴汚れまでしっかり除去
  • クリーム/ミルクのようなテクスチャーでしっとり、負担が少ない
  • 保湿力が高いので、乾燥肌でも安心して使えます

ダーマロジカ ミセラープレクレンズの商品詳細はこちら >>>


 

敏感肌のクレンジングはここに注意する

ここまで見ていただけたように敏感肌向けのクレンジングはさまざまな種類があります。自分の肌の質に合った種類のクレンジングを使用することと同じように重要なのが、どのようにクレンジングを行うかです。

適切な順序と方法でクレンジングを行う方法を説明していくので、早速現在のクレンジングから取り入れてみてください。

 1.アイメイクは先にコットンで落とす

目を守るまぶたは非常に薄い皮膚であり、刺激にとても弱いです。全顔にクレンジングを塗布して、メイクに馴染ませようとすると目元を強くこすってしまう傾向にあります。

まぶたを強くこすってしまうと、だんだんと黒ずみ・シワが増えてしまうのでコットンなどを使用することを推奨します。

方法としてはコットンにクレンジング剤をとって、目元に染み込ませます。目元の汚れと馴染ませたら、乳化させてコットンで優しく拭き取りましょう。

2.1日に2回以下の頻度にする

多くの方は大丈夫かと思いますが、1日に何度もクレンジングすることは控えましょう。汚れだけでなく、肌が元から保つ保湿因子まで余分に洗い流して、乾燥・敏感性を引き起こす可能性が上がります。

3.適量を使用する

『摩擦を避けるためにたくさん使用する』『勿体無いから少しずつ使用する』という方もいるかと思います。基本的にはメーカーが推奨している量を使用しましょう。

適量は、十分に顔全体の汚れを落とすことができる量ということなのでこちらに従うことできちんと汚れを落とすことができるのでコストパフォーマンスも一番良いです。

4.摩擦を避ける

乾燥肌の大敵は刺激であり、そのためクレンジングで特に気にするべきなのが摩擦による刺激です。

クレンジングはそこに含まれている成分で科学的に油を分解したり、包んだりして汚れを落とします。そのため基本的には擦る必要はありません。 

肌に刺激を与えないことを考えながらクレンジングをするだけで、摩擦レスに近づけるのでまずは意識してクレンジングすることをおすすめします。

5.長時間のクレンジングを避ける

時間が長くなることで汚れがより落とせるわけではありません。顔全体の汚れにクレンジングを広げることができればそれだけで不必要な汚れは落とすことができます。

そのため時間の短さ・長さにこだわるのではなく、全体にクレンジング剤を広げることができたかどうかを目安に乳化・洗い流しを行いましょう。

6.洗い流すお湯の温度に注意する

クレンジングを洗い流すときに温度によって、毛穴が閉じて汚れが落ちにくい・刺激になって肌本来の保湿成分まで奪ってしまうなどのトラブルが起きてしまう可能性があります。

そのため32度程度の少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯を使用するように心がけましょう。

7.しっかりと洗い流す

クレンジングをした際は最後にしっかりと洗い流す必要があります。特にフェイスライン、小鼻、目元、髪の生え際にクレンジング剤が残りやすいので、注意して洗い流しましょう。

またオイルやミルククレンジングだとヌメりがあるように感じることがありますが、肌に必要なオイルや保湿成分なのでヌメりが無くなるまで洗い流そうとする必要はありません。かえって刺激になってしまうので、顔全体を流せたらそれでOKです。

【公式LINE】で相談する

 友だち追加

ダーマロジカではお客様を健康的な素肌に導くため、LINEで相談窓口を設けております。

こちらでは

  • どの商品を選んだらいいのか分からない
  • どの順番で使えばいいのか分からない
  • どのように使用したらいいのか分からない

などのお悩みをヒアリングしながら、おすすめの商品や使用方法を伝えさせていただいております。

是非こちらからLINEお友達登録をして、スキンケアのお手伝いをさせてください。

 

ダーマロジカ_フェイスマッピング

前の記事 効果的な毛穴ケア方法|角栓を取り除くスキンケアのポイント
次の記事 【メンズスキンケア】洗顔の重要性とおすすめ洗顔料